「北の国から」・・・VOL.307(2007.04.10)

| | コメント(0)

tabino.jpg

「北の国から」

4月のことです。

北海道から若いお客様がお越しになり、

綾部市里山交流研修センター(旧豊里西小学校)に
宿泊くださいました。

交通手段を尋ねると・・・

トワイライトエクスプレス

とのことでした。

旅の途中でのお立ち寄りではなく、
旅の主目的がこの綾部だったので驚きました。

ほんとうにありがたいことですね!

札幌から日本海岸を走りに走り、そして京都駅下車。

トワイライトエクスプレスで
何時間かかりましたか?

と尋ねると

なんと、22時間だそうです!

それにしても贅沢な旅ですね!

余談ですが、

日本海の車窓の風景を見ながら
ディナーとか食べてみたいです・・・。


里山ねっと・あやべの活動が
小さなきっかけとなり

この里山を舞台に
「10000の物語」が生まれたら

と思うようになって、もう何年か経ちました。

母校の旧豊里西小学校も宿泊可能となり、
すてきな物語がさらに生まれやすくなっているようです。

「創縁力」がアップしたのですね。

10000の物語。

いま、いくつの物語が生まれているかな。


遠く北海道からありがとうございました!

「こころのお土産」を
この地が何かお渡しできているとうれしいです。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年4月10日 11:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「いのち輝く季節に思うこと」・・・VOL.306(2007.04.03)」です。

次のブログ記事は「「物語が生まれるまち」・・・VOL.308(2007.04.17)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0