「ふしぎ」(VOL.294・2007年1月9日)

| | コメント(0)

kabe.jpg

2007年のお正月、

童謡詩人・金子みすゞ(1903−1930)のゆかりの街
山口県下関市を歩きました。

みすゞは下関の大きな書店であった
上山文英堂書店の出先の小さな本屋で
店番をしていたといいます。

後世の人が建てた顕彰の石碑を見つけたりすると

ああ、ここで働いていたんだと
なんだかほろりときたりしました。

1月9日、綾部市内の学校は始業式でした。

小3の娘は早速、朗読の宿題を持って帰ってきました。

金子みすゞの「ふしぎ」という詩でびっくり。

聴いていると、とってもいい詩なので
ウィークリーメッセージでも紹介したくなりました。


「ふしぎ」 
          詩・金子みすゞ


わたしはふしぎでたまらない、
黒い雲からふる雨が、
銀にひかっていることが。

わたしはふしぎでたまらない、
青いくわの葉たべている、
かいこが白くなることが。

わたしはふしぎでたまらない、
たれもいじらぬ夕顔が、
ひとりでぱらりと開くのが。

わたしはふしぎでたまらない、
たれにきいてもわらってて、
あたりまえだ、ということが。


***


翌日、こどもに宿題がありました。

わたしはふしぎでたまらない、
「                 」

自分なら「 」のなかに何を入れるかな?

というものです。

ぼくも一緒に考えてみました。

先生、ぼくにまで尊い機会をありがとうございます・・・。


いつか、娘とみすゞの故郷・山口県仙崎を
歩けたらと思います。

それにしても、みすゞさんの感性って、すごいですね!

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年1月 9日 07:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ことほぎづき」・・・VOL.293(2007.01.02)」です。

次のブログ記事は「「旅のチカラ」・・・VOL.295(2007.01.16)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0