「グリーンツーリズムとWeb2.0」・・・VOL.296(2007.01.23)

| | コメント(0)

kusanoiroha.jpg


「グリーンツーリズムとWeb2.0」


梅田望夫さんの『ウェブ進化論』あたりから、
「Web2.0」に関する本を何冊も読んでいるせいか

「Web2.0」という潮流は

都市農村交流やグリーンツーリズムを
少しずつ変えていくかもしれないなあと感じています。

まちづくりもむらづくりもみんなみんな。

Web2.0とは何かについては
ここでは書きませんが、

Web2.0的発想でグリーンツーリズムも
やっていかないといけないようです。

グリーンツーリズムとWeb2.0。
田舎暮らしとWeb2.0。

などなど。

そんな観点から、今年以降、見つめていこうと思うのですが、

里山ねっと・あやべの活動の中で

「Web2.0的」なところってどこだろう、
どんな点だろうと考えてみると

Web2.0的なところはまったくない、ということはなく、
よく目をこらせば、いくつも発見できそうです。

それをうまく育てていけたらと思います。

農家民泊「素のまんま」など、農家民泊体験された旅人が
エッセイを手弁当で書いてくださるって、

Web2.0的だなあって思います。

Web2.0時代の里山ねっと・あやべ。

すてきなアイデアがあれば、ぜひお聞かせください!
何か新しい物語がそこから始まればうれしいです。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年1月23日 20:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「旅のチカラ」・・・VOL.295(2007.01.16)」です。

次のブログ記事は「「よい地域の条件」・・・VOL.297(2007.01.30)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0