「旅のチカラ」・・・VOL.295(2007.01.16)

| | コメント(0)

ginzannomachi.jpg


「旅のチカラ」

2006年の暮れ、

かねてから行きたいと思っていた3つのスポット

・「砂像美術館」がオープンした鳥取砂丘

・「鬼太郎のまち」で有名な境港(鳥取)

・世界遺産登録でますます注目、「群言堂」のある石見銀山(島根)

を訪ねることができました。

綾部から下関に向かう旅の途中の
短い滞在時間でしたが、

たくさんの刺激をいただきました。

小さな旅のなかから
たくさんのヒントが浮かんできます。

小さくてもやはり旅っていいですね。


2007年はどんな旅ができるだろう。

離島で現代アートを活用した島おこしをしている
愛知県一色町も最近、「いつか行ってみたいまちリスト」に入れました。

オススメのまち。

ぜひお教えくださ〜い!

いつか行ってみたいまちリストに
綾部も加えていただけたらうれしいです。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年1月16日 17:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ふしぎ」(VOL.294・2007年1月9日)」です。

次のブログ記事は「「グリーンツーリズムとWeb2.0」・・・VOL.296(2007.01.23)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0