「ことほぎづき」・・・VOL.293(2007.01.02)

| | コメント(0)

snowman.jpg

「ことほぎづき」


お正月、生け花の先生宅で
すてきなカレンダーを見つけました。

月々の呼び名はたくさんありますが、
すてきな表現がなされていたので

年のはじめにぜひ紹介したく思います。

 
 1月 ことほぎづき
 2月 ゆきぎえづき
 3月 ゆめあふれづき

 4月 であいづき
 5月 いやされづき
 6月 あめふりづき

 7月 すずやかづき
 8月 かみなりづき
 9月 よふかしづき

10月 かみおでかけづき
11月 かみおはしますづき
12月 かみかんしゃづき

年末のクリスマスの夜、NHKのスペシャル番組で

アメリカの絵本作家タシャ・チューダーの
生き方を紹介していました。

印象的だったのは、

・センス・オブ・ワンダー(森羅万象への畏敬、驚きの念)
・感謝のこころ
・想像力

が生きていくのに、

そして、
いまとっても大事だと語った点です。

12の月の呼び名は

感謝のこころ、自然への畏敬の念、
あそびごころにあふれていて、

まるでタシャ・チューダーの世界のようです。

大寒、立春、雨水など
「二十四節気」の呼び名もすてきですが、

12月の呼び名も味わい深いですね。

これから始まる真新しい12ヶ月が
すてきな日々であることを祈っています。

遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。
本年も里山ねっと・あやべをよろしくお願い申し上げます!

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年1月 2日 10:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「未来可能性」・・・VOL.292(2006.12.26)」です。

次のブログ記事は「「ふしぎ」(VOL.294・2007年1月9日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0