「よみがえる廃校」・・・VOL.287(2006.11.21)

| | コメント(0)

teruyama.jpg

「よみがえる廃校」


いつか出るかもと思っていたら、やはり出ました。

農文協の増刊現代農業
『よみがえる廃校〜「母校」の思い出とともに〜』です。
http://www.ruralnet.or.jp/zoukan/200611haikou_h.htm


「廃校再生」をテーマに
増刊現代農業がつくられたらいいのに。

そう思ったのはぼくだけではなかったと思います。

この秋、出版されて、うれしくなりました。


NPO法人 里山ねっと・あやべが管理する廃校
(旧豊里西小学校、現・綾部市里山交流研修センター)は

この本に載っている先進事例に学びながら、
唯一無二の存在(空間)をめざすことになるのですね。

『よみがえる廃校』の解説文は以下の通りです。

急速な少子化と市町村合併の影響で、
全国に廃校が増えている。

地域住民や卒業生たちの思い出が詰まった校舎を
解体せずに有効活用できないか。

各地のさまざまな取り組みを紹介。

***

すでにあるもの×知恵を出し合う。

そうすると

希望を生み出すことも不可能ではない

ことをこの本は教えてくれています。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年11月21日 15:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「里と情報発信」・・・VOL.286(2006.11.14)」です。

次のブログ記事は「「もうひとつの、子ども見守り隊」・・・VOL.288(2006.11.28)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0