「人生の目的は」・・・VOL.271(2006.08.01)

| | コメント(0)

「人生の目的は」


古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。

持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの知恵にしたく、
現在、ホームページでは約500のことばを公開中です!

こころをこめて、未来をひらく里山系のことばを新しく15個、贈ります。

遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、希望のホームページに
なれたらうれしいです。

里山系の言葉が、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。

●人生の目的は悟ることではありません。生きるんです。人間は動物ですから。(芸術家・岡本太郎)


●ここには夜と昼とがある。太陽と月と星がある。荒地を渡る風ごときものがある。人生は大変甘美なものだよ。兄弟達よ。死のうなどとは愚かなことだよ。(ボロー)

●人生を恐れてはいけない。人生に必要なものは、勇気と想像力。それとほんの少しのお金だ。(喜劇王チャップリンの「ライムライト」より)

●人生は人間が共同で利用するブドウ畑です。一緒に栽培して、共に収穫するのです。(ロマン・ローラン)

●自分が立っている所を深く掘れ。そこからきっと泉が湧きでる。(高山樗牛)

●人生のおいて最も絶えがたいことは悪天候が続くことではなく、雲一つ無い晴天が続くことである。(ヒルティ)

●人は異郷に生まれてくる。生きることは故郷を求めることだ。考えることとは生きることだ。(ベルネ)

●深海にいきる魚のように自ら燃えなければどこにも光はない。(明石海人)

●去る者は日に以って疎し、生ける者は日に以って親し。古墓犂かれて田と為り、松柏摧かれて薪となる。(蕭統撰「文選」)

●登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。(吉川英治)

●「僕はずっと山に登りたいと思っている。……でも明日にしよう」おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。(レオ・ブスカリア)

●人生は己を探す旅である。(藤本義一)

●人生を喜びなさい。なぜなら、人生は、愛し、働き、遊び、星を見つめるチャンスを与えてくれたのだから。(ヘンリー・ファン・ダイク)

●馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも、三人で行くこともできる。だが、最後の一歩は自分ひとりで歩かなければならない。(ゲーテ)

●どのひとひらの落葉も、舞い落ちながら宇宙の最大の法則の一つをみたす(リルケ)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年7月31日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「木は神聖なもの」・・・VOL.270(2006.07.25)」です。

次のブログ記事は「「ふるさとを知るための旅」・・・VOL.272(2006.08.08)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0