「朝仕事とシェステ」・・・VOL.268(2006.07.11)

| | コメント(0)

happa64.jpg

「朝仕事」


7月9日、大阪・梅田に行き、
地下街から地上にあがると

「シャーシャーシャー」

と元気なクマゼミの声を聞き、
カルチャーショックでした。

ぼくが住む京都・綾部の田舎では
ニイニイゼミがやっと鳴きだしたばかりだからです。

クマゼミといえば、夏の盛りの代表だと
ぼくは思ってきたのですが

都市はヒートアイランドで
すでに夏の盛りなのかな。

階段をのぼると
そこはほんとうに別世界でした・・・。


小暑(7月7日)のあたりから
野良での仕事も日中はきつくなってきました。

気をつけないと倒れてしまいます。

7月8日の土曜日、家族が留守だったので、
朝食時間を気にすることなく
田んぼで田草取りができました。

山から日が昇る前って
ほんとうに涼しくて気持ちがいいです。

それがだんだん照らされて・・・暑くなっていきます。

お天道様はありがたいものなのですが・・・。

朝仕事のたのしさ。

これをを覚えると
もう日中はできません。

田舎は昼過ぎ、みんな昼寝をしているせいか
がらんとしています。

里山のシェステ。

これによって、また午後からがんばれるのですね。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年7月11日 15:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「発信修行」・・・VOL.267(2006.07.04)」です。

次のブログ記事は「「かかわっていく農」・・・VOL.269(2006.07.18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0