みすゞさんのこころ

| | コメント(0)

mame06.jpg

「みすゞさんのこころ」


小学校に通う子どもの教科書を見ていたら、

童謡詩人・金子みすゞ(1903−1930)の
代表作「私と小鳥と鈴と」が載っていました。

●「わたしと小鳥とすずと」  詩・金子みすゞ

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけれど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんなうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし。
みんなちがって、みんないい。

***

こんなすてきな詩を
小さなときから学べるなんて、いいですね!


里山ねっと・あやべのホームページでは
「言葉の宝箱」として、

里山系のすてきなことばをコレクションしています。

わたしたちが求める里山のこころは
みすゞさんの詩の世界と同じかなって思います。

だからどうしてもみすゞさんの詩は
紹介せざるを得ないのです。

みすゞさんの詩には
わたしたちが取り戻したい
こころがつまっているように思います。

たとえば、「土」という詩がそうです。

●「土」 金子みすゞ

こッつん こッつん
ぶたれる土は
よいはたけになって
よい麦生むよ。

朝からばんまで
ふまれる土は
よいみちになって
車を通すよ。

ぶたれぬ土は
ふまれぬ土は
いらない土か。

いえいえそれは
名のない草の
おやどをするよ。

***

みすゞさんはほんとうに見えないものを
見る天才ですね。

いまとっても大事な感性がそれかもしれません。

みすゞさんの詩は
児童文学者の矢崎節夫さんが16年かけて、
遺稿探しによって、私たちは目にすることができます。

すてきな詩を遺してくれたみすゞさんと
矢崎さんに感謝です。

2006年5月31日の朝日新聞によると

みすゞさんが生まれ育った山口県仙崎村は
信心深い里だったそうです。

これも大事なヒントかもしれません。


●「みんなをすきに」 詩・金子みすゞ

わたしはすきになりたいな、
何でもかんでもみいんな。

ねぎも、トマトも、おさかなも、
のこらずすきになりたいな。

うちのおかずは、みいんな、
かあさまがおつくりになったもの。

わたしはすきになりたいな、
だれでもかれでもみいんな。

お医者さんでも、からすでも、
のこらずすきになりたいな。

世界のものはみィんな、
神さまがおつくりになったもの。


●「花のたましい」 詩・金子みすゞ

散ったお花のたましいは、
み仏さまの花ぞのに、
ひとつ残らず生まれるの。

だって、お花はやさしくて、
おてんとさまが呼ぶときに、
ぱっとひらいて、ほほえんで、
蝶々にあまい蜜をやり、
人にゃ匂いをみなくれて、

風がおいでとよぶときに、
やはりすなおについてゆき、

なきがらさえも、ままごとの
御飯になってくれるから。


●大 漁   金子みすゞ

朝やけ小やけだ
大漁だ
大ばいわしの
大漁だ。

はまは祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の いわしのとむらい
するだろう。


●「つばめ」 金子みすゞ

つういとつばめがとんだので、
つられてみたよ、夕空を。

そしてお空にみつけたよ、
くちべにほどの、夕やけを。

そしてそれから思ったよ、
町へつばめが来たことを。


●「星とたんぽぽ」  金子みすゞ

青いお空のそこふかく、    
海の小石のそのように、
夜がくるまでしずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

ちってすがれたたんぽぽの
かわらのすきに、だアまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根はめにみえぬ。
    
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。


●「ふしぎ」  金子みすゞ

わたしはふしぎでたまらない、    
黒い雲からふる雨が、
銀にひかっていることが。

わたしはふしぎでたまらない、
青いくわの葉たべてている、
かいこが白くなることが。     

わたしはふしぎでたまらない、
だれもいじらぬ夕顔が、
ひとりでぱらりと開くのが。

わたしはふしぎでたまらない、
たれにきいてもわらってて、
あたりまえだ、ということが。


●「お日さん、雨さん」 
         詩・金子みすゞ
ほこりのついた
しば草を
雨さんあらって
くれました

あらってぬれた
しば草を
お日さんほして
くれました

こうしてわたしが
ねころんで
空をみるのに
よいように


●「蜂と神さま」 詩・金子みすゞ

蜂はお花のなかに、
お花はお庭のなかに、
お庭は土塀(どべい)のなかに、
土塀は町のなかに、
町は日本のなかに、
日本は世界のなかに、
世界は神さまのなかに。

そうして、そうして、神さまは、
小ちゃな蜂のなかに。

(金子みすゞ童謡集
「わたしと小鳥とすずと」JULA出版局より)


(※文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年6月 6日 08:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「地球のふしぎ」・・・VOL.262(2006.05.30)」です。

次のブログ記事は「「旅上」・・・VOL.264(2006.06.13)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0