先憂後楽・・・VOL.266(2006.06.27)

| | コメント(0)

amiinoshishi.jpg


「先憂後楽」


昨夏、ぼくが住む鍛冶屋町に激震が走りました。

どんなすごいことが起こったかというと・・・

イノシシが田んぼで大暴れしたのでした。

旅先にそんな悪い知らせが入り、
帰宅後、見てみると、

見事に田んぼの稲を踏みつけていました。

秋の稲刈りは大変・・・。

近くの田んぼでは、刈るのをあきらめた家もあったくらいです。

豊作だと思っていたのに・・・。

とにかくこれ以上、入られたらということで
ネット網を買ってきて、周囲を囲いました。

さてさて、今年ですが、

そうはさせないぞということで
6月下旬にネット張り完了です。

昨年は畦にイノシシらしき足跡は見ていたのですが、
過去、入られたことは1度もなかったので
甘くみていたのでした・・・。

ネット張りもなかなか大変な仕事ですが、
これも収穫のためです。

こんなときに頭によぎるのが
「先憂後楽(せんゆうこうらく」ということばです。

先憂後楽。

これは環境問題など困難がいっぱいの
21世紀を生きるわたしたちのキーワードの1つでしょう。

すべてが杞憂に終わればいいのですが・・・。

いまはクマ、シカ、イノシシ、ヌートリアなど
いろんなものが里に出てくる時代です。

できるものなら、
人と動物を隔てるネットなんて張りたくないのですが

稲刈りの大変さを考えると張らざるをえません。

畦に住んでいるシマヘビやカエルが
網をくぐってくれるのが、せめてもの救いです。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年6月27日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「草刈り」・・・VOL.265(2006.06.20)」です。

次のブログ記事は「「発信修行」・・・VOL.267(2006.07.04)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0