「草刈り」・・・VOL.265(2006.06.20)

| | コメント(0)

kusakari.jpg

「草刈り」

6月11日(日)は
朝8時から「自治会の土地」の草刈り作業でした。

役員(自治会長など4役+組長又は代理10名)は出役し、

14台の草払い機をびゅんびゅん回し、
あちこちの草を刈っていきます。

参加者の年代を見てみると

70代 1人
60代 4人
50代 5人
40代 4人

平均年齢は56歳くらいのようです。

「限界集落」というキーワードがありますが、
56歳だと、若いといえば若いのかもしれません。


1年に何人の人が通るんだろう、
何台の車が通るんだろうという道があります。

人が入ると草の生え方も違ってきます。

草刈りをしながら思うのは
草を刈らないと、どうなるかということです・・・。

ススキや茅がはえて、極相(クライマックス)へと
向かうのでしょう。

いままでは人が自然に向かって
領土、領地を広げていってましたが

いま村では、自然のほうが攻勢です・・・。

先日、散歩していたら、

あるはずの道がなくなっているところが
ありました・・・。

あるはずの道がない。

そんなことがあるんですね。

草刈りの作業は午前中の約3時間弱ですが、
いろんなことを身体で教わります。


7月9日(日)はお寺の草刈。

みんなでいっせいに作業をするって
すごいなと思う日でもあります。

(文・塩見直紀)

カテゴリ

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年6月20日 06:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「旅上」・・・VOL.264(2006.06.13)」です。

次のブログ記事は「先憂後楽・・・VOL.266(2006.06.27)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0