「地球のふしぎ」・・・VOL.262(2006.05.30)

| | コメント(0)

happa2.jpg

「地球のふしぎ」

二十四節気の日に里山的生活メールニュースを
配信するようになってずいぶん経ちます。

おもしろいのはやはり日の長さです。

以下は春分から秋分までの東京の昼の長さ一覧です。

春分(3月21日)・・・東京の昼の長さ12時間09分
清明(4月05日)・・・東京の昼の長さ12時間44分

穀雨(4月20日)・・・東京の昼の長さ13時間16分
立夏(5月06日)・・・東京の昼の長さ13時間48分

小満(5月21日)・・・東京の昼の長さ14時間12分
芒種(6月06日)・・・東京の昼の長さ14時間29分

夏至(6月21日)・・・東京の昼の長さ14時間35分・・・★

小暑(7月07日)・・・東京の昼の長さ14時間29分
大暑(7月23日)・・・東京の昼の長さ14時間12分

立秋(8月08日)・・・東京の昼の長さ13時間45分
処暑(8月23日)・・・東京の昼の長さ13時間17分

白露(9月08日)・・・東京の昼の長さ12時間43分
秋分(9月23日)・・・東京の昼の長さ12時間09分

***

★印が、あと数週間後に来る「夏至」。

夏至の日は14時間35分もあります。

この日からまた「冬至(12月22日)」へと向かっていくのですね。
(※ちなみに冬至の東京の昼の長さは9時間45分)

この冬、中学生の理科の授業を聴く機会があったのですが
地球って、ほんとうに不思議です。

この星のこと、もっと勉強をしたくなりました!

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年5月30日 07:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「里山の少年」・・・VOL.261(2006.05.23)」です。

次のブログ記事は「みすゞさんのこころ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0