「ライフワーク@里山」・・・Vol.232(2005.11.01)

| | コメント(0)

ikedaevent2005 (2).JPG

「ライフワーク@里山」

綾部に移住し、自然素材を使った染めや、織をされている
染織作家の森口靖彦・雪枝さん夫妻(草木染工房さらさ)は

里山のいろんな素材を使って、
さまざまな色を生み出されています。

森口さんの作品を見ていたら、

「里山の百色展」とか「千色展」とか
できたらおもしろいなあと思うようになりました。

わら、土壁、実った稲、栗、柿、南天、雪・・・。

先日のブログ(BLISSFUL CITY)で「小豆色」を紹介したのですが
小豆色は絶対、「里の千色」です。

杉の葉だって、軒下に大事においておいたら、
きれいな色に育ってました。

里山は自然な色、アースカラーの宝庫だなあと日々実感です。

「里の千色」を撮る。

里山に暮らしていて生れたライフワークです。

どんどん撮りためていきたいなあって思っています。

いま日本の各地にひろがっている
セイタカアワダチソウの黄色を入れざるを得ない時代が来るのかな

(文・塩見 直紀)

カテゴリ

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2005年11月 1日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「月のリズム」・・・vol.231(2005.10.25)」です。

次のブログ記事は「カメムシさんのいいところ・・・Vol.233(2005.11.08)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0