かみさまの言うとおり・・・VOL.226(2005.09.20)

| | コメント(0)

「かみさまの言うとおり」

10年目の米作り。

いよいよ明日(9月21日)は脱穀作業です。

稲架(いなき)で干した稲も、雨が少なくて順調に乾いています。

天日干しというのは、すべてをお天道様におまかせするということ。

それによって
次の作業の日取りを決めさせていただくことなのですが、

忙しい現代人には不向きだなあって思います。

人間がスケジュールを決めれないって、現代においてはすごいことですね!

もしかしたらこれは
すごく尊いことかもしれないし、すてきなことなのかもしれないって
思えるようになりました。

去年の手帳を取り出してきて、データを見てみると、

稲刈り日も遅いけれど、雨が多かった昨年は
雨の合間の10月7日に脱穀をしていました。

その日も夕方、また雨が降り出したのでした。

脱穀(籾とわらの分離作業)後も、

もみすり(籾殻をとり、玄米にする作業)があり、
新米をいただくにはまだ次の工程があります。

そうこうしているうちに、
我が家の栗(丹波栗?)もそろそろ落下の頃となりました。

新米と丹波の栗と。

おいしい秋、目前ですね!

(文・塩見直紀)

カテゴリ

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2005年9月20日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「砂漠が美しいのは」・・・vol.225(2005.09.13)」です。

次のブログ記事は「「わら5段活用」・・・vol.227(2005.09.27)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0