シイタケの菌打ち

| | コメント(0)

060318shiitake.JPG

3月、森の妖精の活動はシイタケの菌打ちを行いました。

毎週のように「野生動物とのバッファゾーン」の竹林整備を行いながら
シイタケの菌打ちは、少し忙しい感じでした。

菌打ちと言っても木槌などで打ち込むのではなく、
人差し指の先ほどの小さな固まりを木に押し込みます。

普通、シイタケの菌打ちは、駒菌を使いますが、シイタケができるまでに
2年ほどかかります。

森の妖精たちはセッカチ(?)なのでどうしても早くシイタケの姿が見たい。

そんなこともあって形成菌を使います。

形成菌を使うと今年の秋には芽をだして大きくなります。

今年秋には、シイタケ鍋やシイタケのバーベキューが食べられます。

それはそうと、以前に菌を打ったホダ木からたくさんシイタケの子どもが
顔を出しています。

会員の方は、出来るだけ早い機会にお越しください。
この春の陽気ですくすくと大きくなると思います。

今度の土日に、シイタケ狩りはいかがですか?
お待ちしています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2006年3月20日 10:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野生動物とのバッファゾーン 参加者募集中」です。

次のブログ記事は「シイタケは終了しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0