妖精=里山に現る

| | コメント(0)

H170901竹切り (12)S.jpg

今日から、綾部の里山に若い「森の妖精」登場です。

妖精たちは、立命館大学ボランティアセンターの主催事業
「あやべ里山ボランティア活動」に応募して参加いただいた
若い学生諸君です。

参加者は、女性4名を含む12名です。

まずは、竹を切る作業について指導を受けた後、さっそく竹を切りました。
場所は、近くの竹やぶで、雪が降ると竹が道路に垂れ下がって
地元でも課題の場所です。

すぐ横をテレビのケーブルが通っているので、ロープをしっかりと掛けて
倒す方向を制御しての作業です。

みんなの真剣な顔つきにビックリ!

午後5時過ぎまでの作業でみんなぐったりかと思いきや
自炊担当の人以外は、外でフリスビー。

みんな元気やね!

明日もしっかりと里山保全の作業の続きがあるので
今日はぐっすりと休んでください。

妖精になった夢が見られるといいね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2005年9月 1日 20:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小畑ヒマワリ園」です。

次のブログ記事は「小さい秋見つけ探検 参加者募集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0