「芒種」・・・(vol.148/2008.06.05)

|

里山的生活メールニュース@京都・綾部 芒種(2008.06.05/vol.148)

 

いつもありがとうございます!
里山ねっと・あやべです。

6月5日は、二十四節気の「芒種」です。
「里山的生活」メールニュース(148号)をお届けします!

今日も明日もすてきな風が吹きますように・・・。
----------------------------------------------------------------
+-------------------------------------------------------------+
                   里山的生活メールニュース
        ~ほんとうの21世紀の生き方、暮らし方をもとめて~
           VOL.148/2008.06.05/芒種
+-------------------------------------------------------------+
        発行:NPO法人 里山ねっと・あやべ@京都・綾部
       http://www.satoyama.gr.jp   ayabe@satoyama.gr.jp
+-------------------------------------------------------------+
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ○ CONTENTS ○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ ちいさな里の ちいさなくらし(146)「1年1作」
■2■ NPO法人里山ねっと・あやべ2008年度総会について
■3■ 綾部市里山交流研修センターの火曜日休館について
■4■ 里山の花しょうぶ園、開園中しました!
■5■ 綾部恒例の「ホタルまつり」です!(6月14日)
■6■ 綾部里山交流大学「スタンダードコース」受講生募集!
■7■ 綾部里山交流大学「マスターコース」受講生募集!
■8■ 小さな学校に泊まろう!(里山交流研修センター施設案内)
■9■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(5月~6月)
■10■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
■11■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
■12■ 里山で米作り あやべ里山米作り塾、次は草取りです!
■13■ 農家民泊のススメ(綾部)
■14■ 空家紹介制度について(綾部)
■15■ 黒谷和紙工芸の里で紙漉きをしよう(綾部)
■16■ 農村住宅分譲地・櫟の里、分譲中(綾部)
■17■ 京の田舎ぐらし・ふるさとセンター(京都)
■18■ 社団法人京都モデルフォレスト協会について
■19■ 「水の源」(全国水源の里連絡協議会発行の情報誌)
■20■ 里山図書館『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』
■21■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(148)「万象ニ」
■22■ 里山ねっと公式パンフレットの配布について
■23■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------
 ○ インフォメーション&メッセージ ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ The Beautiful Days ちいさな里の ちいさなくらし(146)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「1年1作」

田植えを終えて、ほっと一息・・・
というところなのですが、

もうヒエも生えかけていて、1回目の除草機を転がしました。

昔ながらに30センチ間隔(正条・尺角植え)で植えているので
縦横、時間をかけて手押ししています。

年に1度の稲作。今年でまだまだ13回目です。

「素のまんま」の芝原キヌ枝さんは
米づくりは50年でやめましたとおっしゃっていたのですが、
半世紀されてこられてきたのですね。

半世紀までぼくはあと37年。

80歳ですね。

(文・里山ねっと・あやべ 塩見 直紀)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ NPO法人里山ねっと・あやべ2008年度総会について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月7日(土)の午後、綾部市里山交流研修センター(幸喜山荘)
において08年度の里山ねっと・あやべ総会をおこないます。

正会員、賛助会員も募集いたしておりますのでご検討のほど、
よろしくお願い申し上げます!事務局までお気軽にお問い合せください。
電話0773-47-0040 ayabe@satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 綾部市里山交流研修センターの火曜日休館について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
綾部市里山交流研修センターは2008年6月から火曜日が
休館日となりました。

それに伴って里山ねっと・あやべは火曜日を定休日とさせて頂きます。
事務局も火曜日はお休みとなります(閉まっています)。

ご宿泊、飲食、パン焼きその他の体験事業などについては対応可能です
のでご相談ください。

※WEBページや、メールマガジン、パンフレット、ちらしなどで平日・
休日とも開館との表現が残っている場合がありますが、このお知らせが
優先します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 里山の花しょうぶ園、開園中しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月1日(日)、綾部花しょうぶ園がオープンしました。里山ねっとがある
鍛治屋町の住民有志により、休耕田をすてきな空間・花しょうぶ園
(平成5年開園)となっています。
8千平方メートルの園内に、現在、約200品種の花しょうぶが
咲きつつあります。見頃は10日ころのようです。

開園時間は9:00~17:30で、有料(300円=管理協力費)です。
場所は里山ねっと(市営バス奥西坂行き「かじや」バス停)から徒歩5分、
約300メートルです。

お問合わせ先は綾部花しょうぶ園(0773-47-1120)まで。
http://www.eonet.ne.jp/~ayahana/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ 綾部恒例の「ホタルまつり」です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月14日(土)、綾部市八津合町の上林山荘近辺で恒例の
「ホタルまつり」が開催されます。

「ホタルまつり」については市観光協会まで。
電話:0773-42-9550
綾部市観光協会のホームページ http://www.ayabe-kankou.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■ 綾部里山交流大学「スタンダードコース」受講生募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべでは都市農村交流(グリーンツーリズム)や
地域ビジネス、まちづくり等に実績のある指導者を講師に招く
座学「綾部里山交流大学」を2008年度もおこないます。

綾部里山交流大学では、「交流デザイン学科」の1学科があり、
感性学、地域資源学、価値創出学、交流デザイン学、情報発信学、
綾部型(かた)学の6科を学びます。

2007年度の講師の先生をご参考まで紹介します。

・民俗研究家の結城登美雄さん
・「観光カリスマ」の矢野学さん

・映像作家の藤原次郎さん
・住民ディレクター提唱者の岸本晃さん
・野草料理研究家の若杉友子さん
・ジャーナリストの四方洋さん
・「総合研究開発機構(NIRA)」の飯笹佐代子さん
・「ゆらり」の高橋辰夫さん
・「砂浜美術館」の村上健太郎さん

・「農と自然の研究所」の宇根豊さん
・アートディレクターの北川フラムさん
・「里地ネットワーク」の竹田純一さん
・「京都百万遍・手づくり市」の榎本潔さん
・綾部市長の四方八洲男さん(綾部里山交流大学顧問)
・「空山の里」の村上正さん(里山ねっと・あやべ理事)
・「里山ねっと・あやべ」の塩見直紀(情報発信担当)

2008年度は2泊3日のコース(スタンダードコース)を
・09月21日(日)~23日(祝)
・11月22日(土)~24日(振替休日)
・02月20日(金)~22日(日) [すべて2泊3日]

に開催する予定になっています。
(定員30名、受講料は上記日程すべて参加で60,000円、
※受講料、計6泊の宿泊代、計18食の食事代込)

講師はただいま最後の調整中です。
現段階の詳細は以下のホームページをチェックしてください。
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2008/03/post-72.html

ぜひご検討、お申込をよろしくお願いします!

大学のコンセプトや昨年度のプログラムを見て、
早速、お申込くださった方、ありがとうございます!

※2007年度は関東~四国のみなさまにご参加いただきました。
年齢層ですが、若い参加者が多く、それが綾部の特徴のようです。

里山ねっと・あやべ 綾部里山交流大学事務局
TEL:0773-47-0040、ファクス:0773-47-0084
メールアドレス:ayabe@satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ 綾部里山交流大学「マスターコース」受講生募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべでは、今年度より、上記のスタンダードコースに
加えて、1人の師から1科を学ぶマスターコース(1泊2日)を
行う予定になっています。(定員10~15名、受講料は1講座につき
18,000円となっています)

*地域資源学 探究コース・・・6月7日(土)~8日(日)
(講師:竹田 純一さん/里地ネットワーク事務局長)

「里地ネットワーク事務局長・竹田 純一さんに学ぶ
21世紀最先端の地域資源学」のプログラム詳細は
以下のホームページをご覧ください。
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2008/04/200867821.html

*(農的)感性学 探究コース・・・7月5日(土)~6日(日)
(講師:宇根 豊さん/農と自然の研究所代表理事)

ご検討、お申込をよろしくお願いします!

NPO法人里山ねっと・あやべ 綾部里山交流大学事務局
〒623-0235 京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
TEL:0773-47-0040、ファクス:0773-47-0084
メールアドレス:ayabe@satoyama.gr.jp
ホームページ http://www.satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8■ 小さな学校に泊まろう!(里山交流研修センター施設案内)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ合宿、NPO法人研修、都市交流イベント・・・。
様々な方々に里山交流研修センターをご利用いただいています
(宿泊・会議室利用)。田舎探しや家族で田舎体験での利用など、
たくさんの物語がこの地で生まれることを祈っています。

「里山交流館(旧校舎改装)」「幸喜山荘」の宿泊料(1名1泊素泊)
は以下の通りです。会議、研修、実習、サークル活動、合宿等々、
お気軽にご利用ください!

大人(18歳以上)3,000円
高校生      2,400円
中学生      2,100円
小学生以下    1,900円

※平日の団体割引、ご相談ください。
※お食事は別途料金で、夕・朝2食2,000円からとなっています。

会議等で使用される研修室等の利用料は「午前半日」の場合、600円
となっています。※営利を目的とする場合は基本金額の2倍。

宿泊料、利用料、間取り等、詳細を載せたパンフレットがございますので
ご一報ください。郵送させていただきます。

里山ねっと・あやべのホームページでもご覧いただけます。
http://www.satoyama.gr.jp

入手をご希望の方は里山ねっと・あやべ事務局で直接お受け取り
いただくか、下記まで90円切手を同封のうえ、お申込ください。

〒623-0235 京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
里山ねっと・あやべ事務局 宛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(6月~7月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっとでは下記のイベントを開催予定です(参加者募集中)

◆6月(水無月)......

・07日(土)       *里山ねっと・あやべ定例総会
・07日(土)~8日(日) *里山交流大学(地域資源学探究コース)
・08日(日)       *石窯パン工房(定例)
・21日(土)       *森林ボランティア(定例)
・22日(日)       *里山米づくり塾(草取り編)

里山的生活メールニュース発行日
・05日(木)芒種=麦を収め稲を植う
・21日(土)夏至=夏の最中、日高く極まる

◆7月(文月)......

・05日(土)~6日(日) *里山交流大学(農的感性学探究コース)
・13日(日)       *石窯パン工房(定例)
・19日(土)       *森林ボランティア(定例)

里山的生活メールニュース発行日
・07日(月)小暑=やや暑熱を催す
・22日(火)大暑=蒸熱酷暑を感ず

◆綾部イベント情報

・綾部市ホームページ(6月イベント~)
http://www.city.ayabe.kyoto.jp

・綾部観光協会のホームページ(イベント情報)
http://www.ayabe-kankou.net/maturi.html

===========ただいま各種募集中です============

・宿泊・貸館予約受付中(ゼミ合宿、グループ、同窓会、家族など)
 ※旧校舎(里山交流館)、幸喜山荘
 詳細はhttp://www.satoyama.gr.jp/「施設案内」をご覧ください!

・農家民泊体験(常時受付中)
・パン焼き体験(グループの体験学習等/常時受付中)
・森林ボランティア等の体験活動募集中(同上)

・田舎暮らし相談会(常時受付中/於 里山ねっと)
・あやべ田舎暮らし情報センター(里山ねっと内の里山図書館)

・里山ねっとボランタリースタッフ(HPをご覧ください)
 http://www.satoyama.gr.jp/vstaff.html

お問い合せ:里山ねっと事務局まで。
電話:0773-47-0040、またはayabe@satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月度の「とよさと石窯ゆめ工房」(市内外の石窯ファンによる
パン焼きクラブ)を開催します。石窯で各種パン、ピザを焼き、
みんなで楽しいひとときを過ごします。

とき:6月8日(日)9:00~14:00
会場は綾部市里山交流研修センター(旧豊里西小・綾部市鍛治屋町・
綾部駅から車で約15分)です。参加費は1200円(試食込)。
「要予約」となっておりますので下記までお申込ください。

学校の授業や各種研修等、グループでパン焼き体験をご希望される
場合は事務局までお気軽にお問い合せください。
電話0773-47-0040、またはayabe@satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■11■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月の森林ボランティア「フェアリーオブグローブ(森の妖精)」は
21日(土)を予定し、「裏山の整備」をおこないます。

年会費4,000円。1回だけの参加は1,000円が必要です。
会場・集合場所は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。

詳細は里山ねっと・あやべ事務局まで。
電話0773-47-0040、または ayabe@satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12■ 里山で米作り あやべ里山米作り塾、次は草取りです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべでは、農家の協力を得て、
第4回目の「あやべ里山米作り塾」を開塾しました。

6月22日(日)、先達指導による草取り、草刈りをおこないます。

今後の活動ですが、
7月中旬(中干し作業や案山子づくり、草刈作業など)
9月上旬(稲刈り)、10月下旬(収穫祭)の予定となっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■13■ 農家民泊のススメ(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月に植えられた早苗も少しずつ大きくなり、田園風景もさらに
美しいものとなっています。綾部への旅、いかがですか?

芝原さんの「素のまんま」に加え、藤井さんの「モモの家」、
若杉さんの「野良」、酪農家の杉本さん、「ひとみ」(人見さん)など、
個性豊かな新しい農家民泊も誕生しています。

農家民泊のお問い合せは、里山ねっと事務局まで。
電話0773-47-0040、または ayabe@satoyama.gr.jpまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■14■ 空家紹介制度について(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべの設立以来、畿内以外からも空家物件を
求めて、たくさんの方がこの地を訪ねてくださっています。

綾部市では田舎暮らしをご希望の方に「空家情報の提供」を
行っていますが、より多くの方々に市内の空家を提供して
いただくために、各自治会に空家紹介制度のチラシを
回覧したりしてきました。綾部市域内での空家(古民家等)に
関する情報をお持ちの方は事務局までよろしくお願いします。

空家紹介制度のお問い合せは里山ねっと事務局まで。
電話0773-47-0040、またはayabe@satoyama.gr.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■15■ 黒谷和紙工芸の里で紙漉きをしよう(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
05年春、閉校となった綾部市立口上林(くちかんばやし)小学校の
施設を利用した「黒谷(くろたに)和紙工芸の里」で職人の紙すき技術を
見学したり、紙すきの体験でハガキを作ってみませんか?

黒谷和紙製品の展示・販売、全国の和紙の展示など、盛りだくさんです。
ぜひ、この機会に黒谷和紙の800年の歴史にふれてみませんか?

※紙漉き体験レポ↓
http://www.ayabe-kankou.net/tanpoo/plan03.html

以下、「黒谷和紙工芸の里」の概要です。

住  所:京都府綾部市十倉名畑町欠戸31番地
入 館 料:大人(大学生以上)300円、子供(小学生以上)200円
      小学生未満は無料、団体(20名以上)200円
体 験 料:700円(はがき or 色紙の紙漉き)
開館時間:9:30~17:00まで(受付は16:00まで)
休 館 日:水・木曜日
担 当 課:綾部市商工観光課(電話0773-42-3280 内線308)
     syokokanko@city.ayabe.kyoto.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■16■ 農村住宅分譲地・櫟の里、分譲中(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
綾部市ではただいま「農村住宅分譲地・櫟の里」を分譲中です。
綾部市に住まいを構えながら農業をしたい・・・とお考えの方、
お気軽にお問い合せください。

就農者向け、菜園付き農村住宅分譲地(全15区画)は以下の
内容になっています(残4区画です)。

金  額:住宅 約90~190坪  およそ410万円~540万円
     菜園 約17~34坪  およそ87000円~95000円
場  所:綾部市十倉中町段畠2番地の1外
アクセス:JR綾部駅から車で約18分(12キロ)
      舞鶴若狭自動車道綾部ICから車で約15分(10.5キロ)
事 業 主:綾部市土地開発公社
問い合せ:綾部市産業振興部住宅団地販売課
     TEL:0773-42-3280(内線:346、353)
     FAX:0773-42-4406
     E-mail:sangyokikaku@city.ayabe.kyoto.jp

詳しくは→ http://www.satoyama.gr.jp/agri/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■17■ 京の田舎ぐらし・ふるさとセンター(京都府)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都府では田舎暮らしを始めたい方、興味のある方のための総合相談窓口
「京の田舎ぐらし・ふるさとセンター」を京都府農業会議内
(京都府庁西別館)に開設しています。
詳細は→ http://www.agr-k.or.jp/~kyoto-j/

ただいま、京都府で田舎暮らしされている方のレポートがたくさん
アップされています。ぜひご覧ください!

京の田舎ぐらし「百人百相」
http://www.agr-k.or.jp/~kyoto-j/lives/people/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■18■ 社団法人京都モデルフォレスト協会について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
06年秋、「社団法人京都モデルフォレスト協会(以下、京都MF)」
(柏原康夫理事長・京都商工会議所副会頭)が発足しました。

モデルフォレスト協会はカナダに淵源を持つもので、京都MFは
法人、企業、団体、個人で構成され、京都の森を守り、育てる運動を
おこないます。京都府北部からは、里山ねっと・あやべの副理事長
町井且昌が理事として加わっています。ただいま会員募集中です。

個人正会員・年会費10,000円、賛助会員5,000円、友の会会員2,000円。
ホームページ http://www.kyoto-modelforest.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■19■ 「水の源」(全国水源の里連絡協議会発行の情報誌)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国水源の里連絡協議会(会長=四方八洲男・綾部市長、
155自治体)は5月1日、水源の里の理念を全国に展開していく
ことなどを目的とした情報誌「水の源(みなもと)」を創刊しました。

創刊号(A4判20ページ、多色刷)で以下の内容となっています。

綾部の「水源の里」住民と四方市長との座談会のほか、
福井県若狭町熊川宿のウォークルポ、徳島県佐那河内村と
山形県小国町などの紹介、協議会の取り組み、
今秋に第2回シンポジウムを開く福島県喜多方市の様子など。

1部300円で年間購読料(年4回発行)は1000円です。
購読のお申込みは同協議会事務局(綾部市八津合町の
「上林いきいきセンター」まで、0773-54・0095)。
里山ねっと・あやべの事務所でも販売をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■20■ 里山図書館『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回、ご紹介するのは群馬で畑を耕し、東京で教鞭をとられている
哲学者・内山節さんの『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』
(講談社現代新書・2007)です。

なぜ1965年をもってキツネにだまされたという物語が
発生しなくなってしまうのか。本書はこの問いから始まります。

1965年に、日本社会の何が変わったのか。
その謎を解いてみたいと内山さんは挑みます。

2000年秋、里山ねっと・あやべの事務所がある
旧豊里西小学校で講演してくださったことがある内山節さんは
いまもっとも注目の里山系の哲学者です!
ぜひ書店で手にとってみてほしい1冊です!(文・塩見直紀)

みなさまもおすすめ本がありましたら、事務局までご連絡ください。
シェアし合って、"21世紀のみんなのチカラ"にしていきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■21■ 未来をひらく 里山系のことばたち(148)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
万象ニ天意ヲ覚ル者ハ幸ナリ

(青山 士のことば)

***

6月の綾部里山交流大学マスターコース(地域資源学)でも
里を歩くことでそうしたことが見えてくるかもしれませんね。

里山ねっと・あやべのHP「ウィークリーメッセージ」「里山系の言葉」
においてもたくさん紹介しております。ぜひご覧ください。
http://www.satoyama.gr.jp

古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、現在、HPで300を越えることばを公開中です!

遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、
希望のサイトになれたらうれしいです。

里山系の言葉、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。
http://www.satoyama.gr.jp/word/wordmov.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■22■ 里山ねっと公式パンフレットの配布について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべの公式パンフレット(2006年)を配布しています。

里山ねっと・あやべが管理する綾部市里山交流研修センター
(「里山交流館」=旧豊里西小学校と「幸喜山荘」)の詳細
(貸館料、宿泊費)もあります。

綾部応援団神戸支部長の徳平章さんが通い詰め、撮影された
里の四季の写真の数々も必見です!ぜひご覧ください。

入手をご希望の方は里山ねっと・あやべ事務局で直接お受け取り
いただくか、下記まで90円切手を同封のうえ、お申込ください。

また、パンフレットを置いてくださる方や、ご紹介いただける方は、
設置箇所または配布先と必要部数をお申し付けください。
送付させていただきます。

〒623-0235 京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
里山ねっと・あやべ事務局 宛

※里山ねっと・あやべのホームページでも施設案内のページが
ありますので、ご覧ください(パンフの1部となります)。
http://www.satoyama.gr.jp/sisetsu/sisetsu.html

※このパンフレットの全体はPDFとしてWEBにも掲載しています。
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2006/12/post-49.html
からご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■23■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「芒種」の「里山的生活メールニュース」はいかがでしたか?

1泊2日の合宿スタイルで
「21世紀最先端の地域資源学」を直伝いただく
綾部里山交流大学マスターコース(地域資源学)の
開催日が迫ってきました。ドキドキです。

6月7~8日、我がふるさとをみなさまと歩けますこと、
楽しみにしています!

21世紀最先端の地域資源学!

どんな合宿になるか、楽しみです!

まだ数名、参加いただけます・・・。

次号は「夏至」(6月21日)が発行予定日です。

大事なことをふと思い出すようなそんなきっかけを
綾部の里からお届けできたらと思います。

このメールニュースも「まぐまぐ!」に登録しました。
「まぐまぐ!」からの配信をご希望の方は登録をよろしくお願いします。
受信の重複をご希望されない方はお手数ですが、事務局までご一報ください。

里山的生活メールニュース
http://www.mag2.com/m/0000263624.html

里山ねっとの「あやべ田舎暮らし情報センター」は、
旧保健室を改装、「黒谷和紙」をはり、
府内の間伐材を利用した「21世紀の保健室=思索空間」です。
(設計デザイン=ハタノワタルさん/紙漉き職人)

田舎暮らし、農、食、環境、まちづくり、生き方、こころなど、
約2000冊をおさめています。

開館時間は9:00~17:00、毎日開館(火曜と年末年始は休館)
しています。お気軽にご利用ください。

里山系の図書等の寄贈も受け付けています!

※土日祝日もスタッフが常駐しています。田舎暮らしや
農業のことなど、お気軽にご相談ください。
綾部でも市民農園が開園したり、菜園付き分譲地等もあります。
___________________________________________________________
里山的生活メールニュース(VOL.148)
 ~ほんとうの21世紀の生き方、暮らし方をもとめて~

*発行日:2008.06.05(芒種)
*発行:NPO法人 里山ねっと・あやべ
    (メールニュース担当・塩見 直紀)
*住所:〒623-0235 京都府綾部市鍛治屋町茅倉9
   (綾部市里山交流研修センター/旧豊里西小学校)
*TEL:0773-47-0040 FAX:0773-47-0084
*MAIL:ayabe@satoyama.gr.jp
*URL:http://www.satoyama.gr.jp
___________________________________________________________
*アクセス:JR京都駅→JR綾部駅(山陰線・特急約60分)→南口
 →市営バス(西坂線(九社神社前方面行)・1日6便
 乗車時間約23分・バス代は300円です。「かじや」バス停下車すぐ。

★注意 05年4月1日からバスの利用が「予約制」になっています。
 乗車1時間前までの電話予約がないと乗車不可ですのでご注意ください。

※バス予約番号0773-42-1231(乗車1時間前に要予約)
*のりば:JR綾部駅南(綾部観光案内所前)
*路線名:西坂線(九社神社前方面行)

*行き・・・綾部駅南→ かじや(里山ねっと・あやべ前)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
08:00 → 08:22   10:00 → 10:22
12:00 → 12:22   14:00 → 14:22
16:00 → 16:22   18:00 → 18:22

*帰り・・・かじや(里山ねっと・あやべ前)→綾部駅南
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
07:09 → 07:31   09:09 → 09:31
11:09 → 11:31   13:09 → 13:31
15:09 → 15:31   17:09 → 17:31

※綾部市のホームページで詳細を案内しています。
 http://www.city.ayabe.kyoto.jp/html/fureai/ayabus/nisisaka_ln.html
※参考...綾部駅・北口~里山ねっと間の「片道」の小型タクシー料金
 =約2500円)http://www.satoyama.gr.jp/access.html に地図、
 時刻表等、詳細あります。
 ※レンタサイクル(JR綾部駅前の綾部観光センターにて貸出)も
可能です(距離約9キロ/電動サイクルもあります)
___________________________________________________________
*このメールニュースは2002年4月創刊、月2回、年24回、
 夏至、秋分など、二十四節気の日に発行しています。
*このメールニュースは転送歓迎です。送信の重複、お許しください。
*このメールは里山ねっととご縁のあった方にBCC等でお送りしています。
 配信を希望されない場合はご面倒ですが事務局までその旨メールください。
___________________________________________________________
●about NPO法人「里山ねっと・あやべ」
「里山力×ソフト力×人財力」の「3つの力(未来資源)」を活かし、
里山・農村部の魅力を市内外にPR、都市交流(グリーンツーリズム)
や終の棲家としての綾部定住化を促進し、21世紀の綾部の可能性を
模索するため、2000年7月発足(06年3月NPO法人登記)。

活動を通じて、綾部ファンが1人でも増え、持続可能で、かつ
競争力ある、そして魅力あるオンリーワンのまちになればうれしいです。
今後ともお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。
※ボランタリースタッフ募集中です。
____________________________________________________________
satoyama*bio-diversity*sustainability*nature*community*
relationship*agriculture*slow food*woods*art*culture*
economy*soft*simple life*local energy*human*body*mind*
spirit*human dream*vision quest*sense of wonder and everything.

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年6月 5日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「小満」・・・(vol.147/2008.05.21)」です。

次のブログ記事は「「夏至」・・・(2008.06.21/vol.149)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0