2005年8月アーカイブ

処暑(2005.08.23/vol.81)

|

今日8月23日は二十四節気の「処暑」です。
「里山的生活」メイルニュース81号をお届けします!
 
明日もすてきな風が吹きますように。
 
+-------------------------------------------------------------+
         里山的生活メイルニュース
     〜21世紀の生き方、暮らし方をもとめて〜
VOL.81/2005.08.23/処暑
+-------------------------------------------------------------+
     発行:里山ねっと・あやべ@京都・綾部
http://www.satoyama.gr.jp ayabe@satoyama.gr.jp
+-------------------------------------------------------------+
 ○ CONTENTS ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ ちいさな里の ちいさなくらし(79)「案山子のチカラ」
■2■ 「スタッフブログ」、再スタートです!
■3■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(2005年8月〜10月)
■4■ 「あやべ里山そば塾」、開塾しました!
■5■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
■6■ 週末は森の中へ(森林ボランティア) 
■7■ 綾部の「農と食を訪ねる旅」(綾部)
■8■ プラザカレッジ京都学特別講座「京の田舎暮らし」(京都)
■9■ 第1回由良川フォーラム(綾部)
■10■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(81)「豊かさは」
■11■ 里山ねっとコミュニティ!
■12■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------
 ○ インフォメーション&メッセージ ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ ちいさな里の ちいさなくらし(79)「案山子のチカラ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10年目の米作り。収穫の日がだんだん近づいてきています。
 
今年のみ面積を半分以下の1反(50×20m)にしました。
昔ながらの縦横1尺(約30cm)間隔。
植えた苗の株数を数えてみると約6000本でした。
 
6000株がいったい何キロのお米になるのかな。
とっても楽しみにしていたのですが・・・
 
8月の初め、イノシシ親子が田んぼで戯れ、いや大暴れしていました。
 
田んぼには「V」のサイン入り。
 
里山ねっと・あやべ主催の米作り塾の田んぼは、塾生制作の
十数体の「案山子」のお陰か、無事だったようです。
 
「案山子力(かかし・りょく)」、すごいですね!
(文・塩見 直紀)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 「スタッフブログ」、再スタートです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべ事務局では、綾部発のメッセージ力をさらに高めていこう
とスタッフ4名によるブログが7月末、スタートいたしました。
似通ったブログになるのではないかという予想に反して、意外と個性が
発揮され、新しい道筋が見えたような気がいたします。
 
ただ、データ量が大きく、旅立ち早々、サーバーダウンしてしまい、
大変ご迷惑をおかけしました。コメント等いただいたみなさま、訪問を
楽しみにしてくださっていた、みなさま、申し訳ありませんでした。
復旧し、再チャレンジしておりますので今後ともよろしくお願いします!
 
以下、ブログのタイトルとアドレスです。
 
・高倉 武夫(事務局長)・・・「あぜみち日記」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/azemichi/
 
・塩見 勝洋・・・「森の妖精」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/sylvan/
 
・安達 智代・・・「デジカメ初心者のさとやま日記」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/wind/
 
・塩見 直紀・・・「BLISSFUL CITY」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/con/
 
今後は里山ねっとへの旅人(常連&ビジター)ブログなど、
立ち上げていきたいと考えております。新しい試み、ご期待ください!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(2005年8月〜10月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっとでは下記のイベントを開催予定です(参加者募集中)
 
◆8月(葉月)……
 
・27日(土)〜28日(日)*あやべ里山そば塾(間引き、そばぼうろづくり)
 
◆9月(長月)…… 
  
・10日(土)〜11日(日)*あやべ里山米作り塾(稲刈り、はざかけ)          
・11日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)  
・17日(土)        *森林ボランティア「fairy of grove」
・18日(日)        *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
・24日(土)〜25日(日)*あやべ里山そば塾
 
※里山的生活メイルニュース発行(7日=白露、23日=秋分)
 
◆10月(神無月)…… 
                           
・09日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
・15日(土)   *森林ボランティア「fairy of grove」
・18日(日)予定     *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
・未定           *あやべ里山そば塾
・未定           *あやべ里山米作り塾(収穫祭)
 
※里山的生活メイルニュース発行(8日=寒露、23日=霜降)
※地元の秋祭・・・10月16日(日)午後 ※里山ねっと前広場にて
 
===========ただいま募集中です============
 
・農家民泊体験(常時受付中)
・パン焼き体験(グループの体験学習等/常時受付中)
・森林ボランティア等の体験活動募集中(同上)
 
・田舎暮らし相談会(常時受付中/於 里山ねっと)
・あやべ田舎暮らし情報センター(常時開館/里山ねっと内の里山図書館)
 
・里山ねっとボランタリースタッフ(HPをご覧ください)
 
・市民農園@綾部、募集中です(お問合せは里山ねっとまで)
・菜園付分譲地「檪の里」、ただいま好評分譲中です(綾部市)
 
お問合せ:里山ねっと事務局まで。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jpまで。
※視察等の受入れもおこなっておりますのでお問い合わせください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 「あやべ里山そば塾」、開塾しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3年目になりました好評の「あやべ里山そば塾」、8月、開講しました。
2回の活動日となる8月27日(土)〜28日(日)はみんなで蒔いた
そば畑で間引き作業のあと、そばぼうろづくりを行う予定となっています。
 
お問合せは、里山ねっと事務局まで。
電話0773−47−0040、ayabe@satoyama.gr.jp。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月度の「とよさと石窯ゆめ工房」(市内外の石窯ファンによるパン
焼きクラブ・毎月第2日曜開催)が、9月11日(日)、18日(日)
9:00〜15:00に開催されます。今回も石窯で各種パン、
ピザを焼き、みんなで楽しいひとときを過ごします。
 
会場は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。
 
※中学校の授業や各種研修等でパン焼き体験を希望いただいています。
団体での受付もしておりますので、事務局までお問合せください。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月の森林ボランティア「フェアリーオブグローブ(森の妖精)」を
9月17日(土)、開催いたします(10:30集合)。
 
里山ねっとがある鍛治屋町自治会との連携で、稲荷神社の参道の
階段修復作業や地元住民のこころの山「空山(そらやま)」頂上での
倒木撤去作業(応援活動)、村行事である「道つくり」と「岸焼き」
応援作業をおこなったり、竹炭焼き、シイタケ等の菌打ちをおこなったり
してきましたが、今回は「裏山整備」を予定しております。
 
年会費4,000円。1回だけの参加は1,000円が必要です。
会場・集合場所は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。
 
お問合せは里山ねっと事務局まで。毎月、第3土曜に開催です。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ 綾部の「農と食を訪ねる旅」(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人「あやべ農業友の会」(綾部市)では、8月末、
下記のイベントを企画しています。以下、主催者からの案内です。
              
農業や田舎暮らしに興味のある方、農家と友達になりたい方、
自然の中で遊びたい方、里山野菜を使った手作り料理を食べたい方、
ぜひご参加下さい。
 
綾部の若手農家が、手作りの企画でおもてなしします。
定員は先着20名です。部分参加もできます。お問い合わせ下さい。
 
【日時】8月27日(土)〜28日(日)
【集合場所】綾部駅北口(27日13時)
 
【参加費】10,000円(小学生以下5,000円)
1泊2食(交流会参加費含む)、ピザ教室・料理教室会費、交通費、
温泉入浴料、お土産京野菜セット(大人のみ)が含まれています。
 
◆お申し込み・お問い合わせ
NPO法人あやべ農業友の会(理事長:河北卓也)
TEL 0773(43)1001(あやべNPOセンター内)
FAX 0773(43)0463
メール:gentarou@silver.ocn.ne.jp
住所:綾部市並松町上溝口20番地の3
 
【スケジュール】
13:00 綾部駅北口集合
13:30 ミーティング(里山ねっとにて)
14:00 手作りピザ教室(里山ねっとにて)
    ※綾部産夏野菜ピザを石窯焼きで。小麦粉も綾部産を使用します。
17:00 あやべ温泉で入浴
    ※綾部産品のお買い物もできます。
18:30 農業なんでも交流会(綾部青少年山の家にて)
 
宿泊 綾部青少年山の家(綾部市睦寄町 0773-55-0443)
 
8:30 朝食(山の家にて)
    ※朝の田んぼ道散策などもご自由に
10:00 おばあちゃんの料理教室(綾部市光野町)
    ※野草と雑穀を使った料理教室です。講師:若杉友子さん
14:00 京野菜の収穫体験(綾部市高津町 綾部市多田町)
    ※万願寺甘唐と賀茂ナスに分かれます。
15:00 解散(綾部駅北口)
 
【あやべ農業友の会のメンバー】
・河北 卓也・・・米、酒米、賀茂ナスを栽培。写真とネパールも大好き。
・村田 利治・・・米、ミズナを栽培。東大阪からの新規就農者。
・四方 英喜・・・米の専業農家。ジーパンの営業マンから40代で転身。
・金田 博子・・・米と大豆を栽培。味噌、醤油づくりも。和太鼓も趣味。
・?戸川雄一・・・万願寺甘唐を栽培。ブラジル料理も得意。
・水田 裕之・・・自給自足を目指し、奥上林に移住。綾高での講師も。
 他
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9■ プラザカレッジ京都学特別講座「京の田舎暮らし」(京都)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都府、大学コンソーシアム京都、京のふるさと交流推進協議会の
共催で、プラザカレッジ京都学特別講座「京の田舎ぐらし」が
10月、開催されます。綾部で新規就農し、米作りをされている
中津隈俊久さんも登壇されます。ぜひご参加ください。
 
以下、プラザカレッジ京都学特別講座「京の田舎ぐらし」詳細です。
http://www.consortium.or.jp/consortium/plaza/index.html
 
会場:キャンパスプラザ京都 (京都市下京区西洞院塩小路)
講座内容:
 
10月2日(日)14:00〜16:30
・講座1「まわりの自然と内なる自然」
      西島 安則 氏(京都市産業技術研究所所長)
・講座2「田舎暮らし 最近の動向」
佐藤 信弘 氏(田舎暮らしの本編集長)
 
10月16日(日)14:00〜16:30
・講座3「日本の農村とは −その魅力の源を探る−」
池上 甲一 氏(近畿大学農学部教授)
・講座4「田舎の民俗学  −伝統的生活の構造と本質−」
芳井 敬郎 氏(花園大学文学部教授 )
 
10月23日(日)14:00〜16:30
・講座5「自然の美と暮らし−日本の農村−」
浜 美枝 氏(農政ジャーナリスト)
・講座6 パネルディスカッション「京の田舎ぐらし −新しい暮らし方−」
 コーディネーター  河村 能夫 氏(龍谷大学経済学部教授)
パネラー      高御堂 厚 氏(柿の木山代表)
中津隈 俊久 氏(稲作農家)
     羽田野 まどか 氏(楽庭主宰)
 
費用:全3講座受講 3,500円 、 1講座 1,500円
申込先:大学コンソーシアム京都「プラザカレッジ」係
申込方法:住所、氏名(フリガナ)、生年月日(西暦)、電話番号、
ファックス番号、メールアドレス、および受講を希望する講座をご記入し、 
Eメール plaza@consortium.or.jpで
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9■ 第1回 由良川フォーラム(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都大学フィールド科学教育研究センター、京都府主催の
「第1回 由良川フォーラム〜森・里・海の連携 由良川流域
エコネットワークの形成に向けて〜」が9月、綾部で開催され、
里山ねっと・あやべも事例報告させていただきます。
以下、主催者からの案内文です。ぜひご参加ください。
 
古くから、森・里・海は、川を介して相互に密接に繋がることで人々の
生活を守り、地域固有の文化や産業を育み、そして良好な景観を形成
してきました。しかし、近年の社会経済情勢の大きな変化により、
森や川などの自然と人との関わりが希薄化し、森林、農地の荒廃や
野生動物による農林産物への被害の拡大、沿岸等での漁獲量の減少等
様々な問題が表面化しています。
 
京都府の主要河川である由良川は、大雨のたびに洪水をもたらしながらも、
豊かな清水や肥沃な田畑、豊富な魚介類をはぐくむなど、流域に住む
人々や動植物に多くの恵みを与えてきましたが、昨年の台風23号により、
流域は大きな被害を受けました。
 
由良川とその流域の森・里・海の健全な繋がりを再生することは、
由良川の清流と豊かな森林や沿岸域を育て、災害のない安心安全な
地域社会を築くための重要な鍵と考えます。 今回のフォーラムは、
流域に住む地域住民、NPO、ボランティア団体、農林漁業団体、
企業等の多様な団体が集い、由良川を核とした森から海までの様々な
情報の交換と流域のエコネットワークの形成に向けた第一歩とする
ために開催するものです。
 
とき :平成17年9月3日(土曜日) 午後1時から4時30分
ところ:綾部市中央公民館 (京都府中丹文化会館横)
    京都府綾部市里町久田21-17
内容:
・講演「川の環境を考える −縄文の川、弥生の川−」
                 新潟大学工学部教授  大熊 孝 氏
・地域からの報告
   1「由良川について」    舞鶴工業高等専門学校 川合 茂 氏
   2「由良川源流の森林の現状」京都府指導林家    小林 直人 氏
   3「活動報告」
    (1)(特)由良川流域ネットワーク
    (2)里山ねっと・あやべ
    (3)京都府漁業協同組合連合会
 
主催:京都大学フィールド科学教育研究センター、京都府
後援:流域市町村 、(予定) 京都新聞社 両丹日々新聞社 
   舞鶴市民新聞社 あやべ市民新聞社
参加費:無料(定員200名)
参加申込先:
 ◎京都府農林水産部林務課      TEL:075-414-5002
 ◎京都府中丹広域振興局農林商工部  TEL:0773-62-2508
 ◎京都府南丹広域振興局農林商工部  TEL:0771-22-0426
  ※定員になり次第受付を終了しますが、定員に満たない場合は
当日参加も可能です。http://fserc.kais.kyoto-u.ac.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(81)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
豊かさは、ゆったりしていなければならない。
豊かさは、少し不便でなければいけない。
豊かさは、静かでなければならない。
豊かさは、ひかえめでなければならない。
豊かさは、自然と調和していなくてはならない。
豊かさは、ちょっと懐かしくなければならない。
豊かさは、個人的でなければならない。
(長尾藤三さんのことば『おじさん自転車講座』より)
 
* * *
 
今回は里山ねっと・あやべの「ボランタリースタッフ」である
原田明さん(兵庫在住)からいただいたことばです。
「豊かさは、ちょっと懐かしくなければならない」。ほろりときます。
 
原田さん、すてきなことばをありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます!
 
※里山ねっと・あやべのHP「ウィークリーメッセージ(8/16号)
においても原田さん提供の言葉をたくさん紹介しております。
ぜひご覧ください。http://www.satoyama.gr.jp
 
古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、現在、HPで300を越えることばを公開中です!
 
遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、
希望のサイトになれたらうれしいです。
 
里山系の言葉、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。
http://www.satoyama.gr.jp/word/wordmov.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■11■ 里山ねっとコミュニティ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページを見てくださったり、メイルニュースを読んでくださった方、
訪問くださった方からのメッセージの一部を紹介させていただきます。
 
★メイルニュースでご紹介のあった農文協の現代農業8月増刊を
購入しました。「若者はなぜ、農山村に向うのか」表題のテーマに
魅かれました。読んでみます。(京都・四方様)
 
★田舎暮らしの夢にまた一歩近づくために「WWOOF(ウーフ)」に
登録しました。ウーフというのは、「労働」と「食事 宿泊場所」を
交換するしくみで自然体験や農作業を体験したい人たちに日本全国に
あるホストファミリーを紹介してもらえます。お金のやりとりはなく
そこで仕事が体験できるので興味を持った所にはどんどん行ってみようと
思っています。また次回綾部にうかがうまでに何か少しでも技術が身に
ついていたらいいなと思っています。(神奈川・川田様)
 
★いつも楽しいメール有難うございます。新聞等色々とご活躍心から
応援してます。世の中毎日本当に心が苦しくなるようなニュースの中に
里山ねっと・あやべ事務局の試みにほっとしてます。
多くの人々が一呼吸する気持ちを意識的にしてみれば・・・・・・
そう思う今日この頃です。(京都・佐藤様)
 
うれしいメッセージをありがとうございました!みなさまもお便り等、
ぜひお寄せください。よろしくお願いします!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
処暑の「里山的生活メイルニュース」はいかがでしたか?
 
綾部も朝夕、涼しくなりました。秋の虫の声も元気になっていくようです。
夜明けの時間もだんだん遅くなってきています。季節はゆっくり
巡っているのですね。次号のメイルニュース発行日前には、稲刈りを
終えている家がこの地域では多そうです。
 
新しい節気の訪れが待ち遠しくなるような、
大事な何かを取り戻せるような、そんな風をお届けできる
メイルニュースになれたらうれしいです。また感想もお聞かせください。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
 
次号は9月7日の「白露」が発行日となります。
 
里山ねっとの「あやべ田舎暮らし情報センター」は、旧保健室を改装、
「黒谷和紙」http://www.nousanson.com/kyoto/ayabe/ をはり、
間伐材を利用した「21世紀の保健室=思索空間」です。
 
田舎暮らし、農、食、環境、まちづくり、生き方、こころなど、
約2000冊をおさめています。開館時間は9:00〜17:00、
毎日開館(年末年始のみ休館)しています。お気軽にご利用ください。
里山系の図書等の寄贈も受け付けています!
 
※休日もスタッフが常駐しています。田舎暮らしや農業のことなど、
お気軽にご相談ください。綾部でも市民農園が開園したり、
菜園付き分譲地等もあります。
___________________________________________________________
里山的生活メイルニュース(VOL.81)
〜21世紀の生き方、暮らし方をもとめて〜
 
*発行日:2005.08.23(処暑)
*発行:里山ねっと・あやべ事務局(担当・塩見 直紀)
*住所:京都府綾部市鍛治屋町茅倉9 〒623-0235
   (綾部市里山交流研修センター/旧豊里西小学校)
*TEL:0773-47-0040 FAX:0773-47-0084
*MAIL:ayabe@satoyama.gr.jp 
*URL:http://www.satoyama.gr.jp
___________________________________________________________
*アクセス:JR京都駅→JR綾部駅(山陰線・特急約60分)→南口
→市営バス(西坂線(九社神社前方面行)・1日6便
乗車時間約23分・バス代は300円です。「かじや」バス停下車すぐ。
 
★注意・・・05年4月1日からバスの利用が「予約制」になっています。
乗車1時間前までに電話予約しないと乗車できませんのでご注意ください。
 
※バス予約番号0773−42−1231(乗車1時間前に要予約)
*のりば:JR綾部駅南(綾部観光案内所前)
*路線名:西坂線(九社神社前方面行)
 
*行き・・・綾部駅南→ かじや(里山ねっと・あやべ前)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
08:00 → 08:22   10:00 → 10:22
12:00 → 12:22   14:00 → 14:22
16:00 → 16:22   18:00 → 18:22
 
*帰り・・・かじや(里山ねっと・あやべ前)→綾部駅南
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^      
07:09 → 07:31   09:09 → 09:31
11:09 → 11:31   13:09 → 13:31
15:09 → 15:31   17:09 → 17:31
 
※綾部市のホームページで詳細を案内しています。
 http://www.city.ayabe.kyoto.jp/fureai/ayabus.html
※参考…綾部駅「北口」〜里山ねっと間の「片道」の小型タクシー料金
=約2500円)http://www.satoyama.gr.jp/mission.htmlに
地図、時刻表等、詳細あります。
※レンタサイクル(JR綾部駅前の綾部観光センターにて貸出)も
可能です(約9キロ…/電動サイクルあり)
___________________________________________________________
*このメイルニュースは2002年4月創刊、月2回、年24回、
 夏至、秋分など、二十四節気の日に発行しています。
*このメイルニュースは転送歓迎です。送信の重複、お許しください。
*このメールは里山ねっととご縁のあった方にBCC等でお送りしています。
 配信を希望されない場合はご面倒ですが事務局までその旨メールください。
___________________________________________________________
●里山ねっと・あやべとは・・・
「里山力×ソフト力×人財力」の「3つの力(未来資源)」を活かし、
里山・農村部の魅力を市内外にPR、都市交流(グリーンツーリズム)
や終の棲家としての綾部定住化を促進し、21世紀の綾部の可能性を
模索するため、2000年7月発足、NPO法人化をめざすネットワーク。
活動を通じて、綾部ファンが1人でも増え、持続可能で、かつ
競争力ある、そして魅力あるオンリーワンのまちになればうれしいです。
今後ともお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。
※ボランタリースタッフ募集中です。
____________________________________________________________
satoyama*bio-diversity*sustainability*nature*community*
relationship*agriculture*slow food*woods*art*culture*
economy*soft*simple life*local energy*human*body*mind*
spirit*human dream*vision quest*sense of wonder and everything.

このアーカイブについて

このページには、2005年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年7月です。

次のアーカイブは2005年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.0