2005年7月アーカイブ

大暑(2005.07.23/vol.80)

|

今日7月23日は二十四節気の「大暑」です。
「里山的生活」メイルニュース80号をお届けします!
 
今日も明日もすてきな風が吹きますように。
 
+-------------------------------------------------------------+
         里山的生活メイルニュース
     〜21世紀の生き方、暮らし方をもとめて〜
大暑/VOL.80/2005.07.23
+-------------------------------------------------------------+
     発行:里山ねっと・あやべ@京都・綾部
http://www.satoyama.gr.jp ayabe@satoyama.gr.jp
+-------------------------------------------------------------+
 ○ CONTENTS ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 設立5周年の日を迎えて
■2■ 「スタッフブログ」、本日公開です!
■3■ ちいさな里の ちいさなくらし(78)「そろいぶみ」
■4■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(2005年8月〜9月)
■5■ 「あやべ里山そば塾」、いよいよ開塾です!
■6■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
■7■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
■8■ 座談会「綾部の田舎暮らし」(綾部)
■9■ 綾部の「農と食を訪ねる旅」(綾部)
■10■ 「月灯りコンサート」(綾部)
■11■ 黒谷和紙・紙すき体験@綾部市天文館(綾部)
■12■ 「棚田のハス園」の季節です!(綾部)
■13■ 里山図書館『若者はなぜ、農山村に向うのか』
■14■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(80)「村人の四季」
■15■ 里山ねっとコミュニティ!
■16■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------
 ○ インフォメーション&メッセージ ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 設立5周年の日を迎えて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべが誕生して早いもので2005年7月19日で
丸5年が経ちました。みなさまのお力添えにより、こうして節目の日を
迎えさせていただきましたこと、心からお礼申し上げます。
 
市制施行50周年の年に生まれた里山ねっと・あやべがきっかけとなり、
たくさんの物語がこの綾部で生まれています。それはたとえ小さくとも
何かがどんどん育っていることを日々感じています。
 
小さな蝶の羽ばたきもいつしか大きな風となるように、里からの
この小さな小さな風が、21世紀をよろこびに満ちた世紀に変えていく
ひとつのチカラ(エネルギー)になりますように。
 
「里山ねっととは何か」を問うことを忘れず、新しい1年を刻んで
まいります。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い
申し上げます。(里山ねっと・あやべ事務局一同)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 「スタッフブログ」、本日公開です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっと・あやべ事務局では、綾部発のメッセージ力をさらに高めていこう
とスタッフ4名によるブログを準備しておりましたが、いよいよ今日から
公開となります。それぞれが個性をどんどん出してまいりますので
ぜひご訪問ください!以下、ブログのタイトルとアドレスです。
 
・高倉 武夫(事務局長)・・・「あぜみち日記」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/
 
・塩見 勝洋(事務局次長)・・・「森の妖精」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/sylvan/
 
・安達 智代・・・「デジカメ初心者のさとやま日記」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/wind/
 
・塩見 直紀・・・「BLISSFUL CITY」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/con/
 
今後は里山ねっとへの旅人(常連&ビジター)ブログなど、
立ち上げていきたいと考えております。新しい試み、ご期待ください!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ ちいさな里の ちいさなくらし(78)「そろいぶみ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月のある日、我が家の田んぼから少し離れたところにいる鹿を発見。
家族みんなびっくり。しばらく眺めていたら、山に消えていきました。
 
百人一首の歌のように、秋、奥山に鳴く声はよく耳にしていたのですが
この地で生きた鹿を目撃したのはぼくにとっては初めてのことです。
 
昨年は里山ねっと・あやべの近くで猿も目撃したし、
熊の足跡も発見されたし、いろいろ出てきますね。
そうそう、我が家の田んぼにも今年、猪さんの「V」の足跡がありました。
そろいぶみ、って感じです。(文・塩見 直紀)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(2005年8月〜9月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっとでは下記のイベントを開催予定です(参加者募集中)
  
◆8月(葉月)…… 
  
・06日(土)〜07日(日)*あやべ里山そば塾(第3期スタート)             
・07日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)        
・21日(日)        *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
 
※里山的生活メイルニュース発行(23日=処暑 ※立秋は休刊となります)
 
◆9月(長月)…… 
・03日(土)04日(日) *あやべ里山米作り塾(稲刈り、はざかけなど)                            
・11日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
・17日(土)   *森林ボランティア「fairy of grove」
・18日(日)or25日(日)*とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
・下旬予定         *あやべ里山そば塾(間引きなど)
 
※里山的生活メイルニュース発行(7日=白露、23日=秋分)
 
 
===========ただいま募集中です============
 
・第3期「あやべ里山そば塾」、塾生募集中(8月スタート)
・農家民泊体験(常時受付中)
・パン焼き体験(グループの体験学習等/常時受付中)
・森林ボランティア等の体験活動募集中(同上)
 
・田舎暮らし相談会(常時受付中/於 里山ねっと)
・あやべ田舎暮らし情報センター(常時開館/里山ねっと内の里山図書館)
 
・里山ねっとボランタリースタッフ(HPをご覧ください)
 
・市民農園@綾部、募集中です(お問合せは里山ねっとまで)
・菜園付分譲地「檪の里」、ただいま好評分譲中です(綾部市)
 
お問合せ:里山ねっと事務局まで。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jpまで。
※視察等の受入れもおこなっておりますのでお問い合わせください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ 「あやべ里山そば塾」いよいよ開塾です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3年目になりました好評の「あやべ里山そば塾」もいよいよ8月開講です。
 
初回である8月6日(土)〜7日(日)は畑つくり・種蒔きを行う予定
となっています。その後、草引き、花鑑賞会、収穫と活動を行います。
最後に、手打ちそば講習会を受けていただき、収穫できた「そば」を
打って食べていただけます。まだ定員に余裕がありますので、
ぜひお申し込みください。
 
塾生になるには登録が必要で登録費(参加費含)は10,000円。
お問合せは、里山ねっと事務局まで。
電話0773−47−0040、ayabe@satoyama.gr.jp。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月度の「とよさと石窯ゆめ工房」(市内外の石窯ファンによるパン
焼きクラブ・毎月第2日曜開催)が、8月7日(日)、21日(日)
9:00〜15:00に開催されます。今回も石窯で各種パン、
ピザを焼き、みんなで楽しいひとときを過ごします。
 
会場は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。
 
※中学校の授業や各種研修等でパン焼き体験を希望いただいています。
団体での受付もしておりますので、事務局までお問合せください。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月の森林ボランティア「フェアリーオブグローブ(森の妖精)」を
9月17日(土)、開催いたします(10:30集合)。
 
里山ねっとがある鍛治屋町自治会との連携で、稲荷神社の参道の
階段修復作業や地元住民のこころの山「空山(そらやま)」頂上での
倒木撤去作業(応援活動)、村行事である「道つくり」と「岸焼き」
応援作業をおこなったり、竹炭焼き、シイタケ等の菌打ちをおこなったり
してきましたが、今回も「裏山整備」を予定しております。
※7月17日(日)には、夏の綾部恒例の行事である「第33回 あやべ
由良川下り」に参加しました。
 
年会費4,000円。1回だけの参加は1,000円が必要です。
会場・集合場所は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。
 
お問合せは里山ねっと事務局まで。毎月、第3土曜に開催です。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8■ もうすぐ、座談会「綾部の田舎暮らし」です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都府中丹東農業改良普及センター主催で、座談会「綾部の田舎暮らし
〜田舎暮らしに近づこう、さっそく、綾部に行ってみよう〜」が
開催されます。ぜひ参加ください。
 
近い将来田舎暮らしを実現するために、綾部の人々との交流を
通して心地よい汗を流す体験をし、農山村暮らしについて楽しく
学ぶ講座を開催します。
 
◇ 日時 7月31日(日) 9:30〜16:00
◇ 場所 綾部市観光センター(綾部市八津合町) 
◇ 内容 綾部市観光センター 9:30集合(受付開始)   
10:00〜14:00 体験と昼食づくり、昼食
 ◎ こんにゃくづくり     地元の女性グループ
 ◎ ピーマンの収穫作業    地元のピーマン農家
  ※こんにゃくとピーマンいずれかを選択して体験します。
 ◎ みんなで昼食準備と昼食
  ※白ごはん、刺身こんにゃく、夏野菜・山菜の天ぷらなどです。
14:00〜15:50 座談会
 ◎「田舎ぐらし実践中!−農業、仲間、集落、習慣等−」
                  みず菜農家
 ◎「綾部市の紹介」         綾部市役所
 ◎「都市農村交流と農村移住」    里山ねっと・あやべ
16:00 現地解散
 
◇ 集合場所・時間:綾部市観光センター(綾部市八津合町)AM9:30
◇ 募集人数:30名(先着順)
◇ 参加費:3,000円(バス、昼食代、体験料、保険等)
◇ 締め切り:7月26日(火)まで
◇ 申込み・問合せ先
  京都府中丹東農業改良普及センター(担当:柴田、松藤、乾)
  TEL0773−42−2255 FAX0773−42−0191
  E-mail:chushin-no-higashi-nokai@mail.pref.kyoto.jp
主催:京都府中丹東農業改良普及センター、協力:綾部市
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9■ 綾部の「農と食を訪ねる旅」(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人「あやべ農業友の会」(綾部市)では、8月末、
下記のイベントを企画しています。以下、主催者からの案内です。
              
農業や田舎暮らしに興味のある方、農家と友達になりたい方、
自然の中で遊びたい方、里山野菜を使った手作り料理を食べたい方、
ぜひご参加下さい。
 
綾部の若手農家が、手作りの企画でおもてなしします。
定員は先着20名です。部分参加もできます。お問い合わせ下さい。
 
【日時】8月27日(土)〜28日(日)
【集合場所】綾部駅北口(27日13時)
 
【参加費】10,000円(小学生以下5,000円)
1泊2食(交流会参加費含む)、ピザ教室・料理教室会費、交通費、
温泉入浴料、お土産京野菜セット(大人のみ)が含まれています。
 
◆お申し込み・お問い合わせ◆
NPO法人あやべ農業友の会(理事長:河北卓也)
TEL 0773(43)1001(あやべNPOセンター内)
FAX 0773(43)0463
メール:gentarou@silver.ocn.ne.jp
住所:綾部市並松町上溝口20番地の3
 
【スケジュール】
13:00 綾部駅北口集合
13:30 ミーティング(里山ねっとにて)
14:00 手作りピザ教室(里山ねっとにて)
    ※綾部産夏野菜ピザを石窯焼きで。小麦粉も綾部産を使用します。
17:00 あやべ温泉で入浴
    ※綾部産品のお買い物もできます。
18:30 農業なんでも交流会(綾部青少年山の家にて)
宿泊 綾部青少年山の家(綾部市睦寄町 0773-55-0443)
 
8:30 朝食(山の家にて)
    ※朝の田んぼ道散策などもご自由に
10:00 おばあちゃんの料理教室(綾部市光野町)
    ※野草と雑穀を使った料理教室です。講師:若杉友子さん
14:00 京野菜の収穫体験(綾部市高津町 綾部市多田町)
    ※万願寺甘唐と賀茂ナスに分かれます。
15:00 解散(綾部駅北口)
 
【あやべ農業友の会のメンバー】
・河北 卓也・・・米、酒米、賀茂ナスを栽培。写真とネパールも大好き。
・村田 利治・・・米、ミズナを栽培。東大阪からの新規就農者。
・四方 英喜・・・米の専業農家。ジーパンの営業マンから40代で転身。
・金田 博子・・・米と大豆を栽培。味噌、醤油づくりも。和太鼓も趣味。
・?戸川雄一・・・万願寺甘唐を栽培。ブラジル料理も得意。
・水田 裕之・・・自給自足を目指し、奥上林に移住。綾高での講師も。
 他
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10■ 「月灯りコンサート」(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
綾部の空間(市内の神社やお寺の境内)を活かし、綾部に新風を
吹き込み、大好評の「月灯りコンサート」が今年もおこなわれます。
以下は実行委員会からのメッセージです。
 
 〜もう一つのFeel〜亜細亜の音(リズム)が聴こえる
 森のささやき、大地の唄、海のざわめき・・・・・
 今一つとなって風を起こす
 風は音を運び・・・声を運ぶ
 ここに伝えたい音(リズム)がある・・・・・
 
声と楽器が奏でる、今までかつて無いコラボレーションをお楽しみ下さい。
 
日時:2005年7月31日(日)開場6時、開演6時30分
場所:真福寺(綾部市向田町上大門10)TEL 0773-49-0214
出演:久保 比呂誌(津軽三味線・シンセサイザー)、
   陳 曼麗(二胡)、博之丞(唄・カホーン)、町元 健太(和太鼓)
   ゲスト出演・真福寺住職
入場料:大人2,000円(前売り券) 
    中学生以下1,000円 ※大人当日 2,500円
主催:月灯り実行委員会(柏原さん090−8574−3658)   
 
※二胡奏者の陳曼麗さんは里山ねっと・あやべがある地域在住です。
北近畿一円で活躍され、このほど、愛知万博でも腕を披露されました。
二胡の講習を毎月、里山ねっと管理の「里山交流研修センター」で
開催され、市内外の方に指導されています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■11■ 黒谷和紙・紙すき体験@綾部市天文館(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
綾部市天文館は、市制施行45周年を象徴するランドマークとして
95年5月にオープンしました。国内最大級の95cm反射望遠鏡を始め、
各種展示設備を備えた本格的な天文台です。
http://www.obs.ayabe.kyoto.jp/astro/event/event-j.html
 
綾部市天文館では毎月、さまざまな科学芸術系イベントをおこなって
いますが、8月は好評の「黒谷和紙紙すき体験」です。
 
日時:8月10日(水)〜12日(金)
   9:30〜16:00 ※10日は10:00〜
場所:綾部市天文館(京都府綾部市里町久田21-8)
   電話:0773-42-8080, Fax:0773-42-7877
内容:紙漉き(はがき8枚か色紙2枚)
参加費:500円
お問合わせ:綾部市天文館 0773-42-8080 へ電話で確認してください。
 
※8月12日(金)夕方〜13日(土)未明、綾部市天文館において
「ドブソニアン祭り&ペルセウス座流星群観望会」が開催されます。
毎年恒例の深夜まで開館の行事で、宵のうちには木星や月面の観察、
深夜から、流星群の観察をされます。「星のきれいなまち・綾部」へ
ぜひおいでください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12■ 「棚田のハス園」の季節です!(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2002年夏、綾部市志賀郷(しがさと)町の棚田を利用して誕生した
「志賀郷 棚田のハス園」も今年もオープンです。
同町の井上晴政さんが8年の歳月をかけ、一人で整備されたもので、
各種メディアで紹介され、市内外からたくさんの人が同園を訪れ、
感動を呼び続けています。何度でも行きたくなる棚田のハス園は
永井記念財団(綾部市)の平成14年度「永井奨励賞」を受賞。
今年もさらに磨きをかけて、素敵な思索空間になっています。
 
開園時間は日没まで。開花期間中は中学生以上200円、小学生以下
100円(それ以外の時期はそれぞれ半額)。場所は志賀郷町で、
志賀小学校正面向かいに案内板が立っています。数台の駐車場あり。
 
開花期間は7〜8月。花の見頃は7月中旬から8月中旬頃の午前中です。
みなさまもぜひ一度、棚田のハス園に来園ください!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■13■ 里山図書館『若者はなぜ、農山村に向かうのか』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回、ご紹介するのは農文協の『若者はなぜ、農山村に向かうのか〜
戦後60年の再出発〜』(増刊 現代農業2005年8月号)です。
 
時代を数歩も先を行くと評判の農文協・現代農業増刊号編集部が
総力をあげて編まれた一書です。
 
以下は「出版ダイジェスト」(7月1日付)にあった紹介文です。
 
団塊世代が定年退職を迎え始める2007年まであと2年。
 
気がつけば都市で生まれたそのジュニア世代が続々と
「ふるさと」に帰り始めている。
 
彼らは団塊不在の戦後60年の「ふるさと」を
守り抜いた祖父母世代のたくましさに感動し、
 
経済優先社会がもたらした山の荒廃に胸を痛め、
農山村の「暮らしをつくる仕事」=生産・生活文化総体を
学び直し、山村NPOや自然学校、緑のベンチャーを立ち上げ、
 
山を守る仕事、都市生活者や子どもたちに伝える仕事、
地域の自治事務所のような仕事すら起こし、自然と人間、
都市と農村の新たな循環の環となりつつある。
 
「戦後的価値観」では見えてこない現代の若者の
「人間力」に驚嘆する。
 
***
 
豊富な実践事例、示唆に富む知恵とメッセージがいっぱい詰まった
おすすめの一冊です!いま日本で最も価値ある雑誌といっても
過言ではないでしょう。農文協のURL http://www.ruralnet.or.jp
 
みなさまもおすすめ本がありましたら、事務局までご連絡ください。
シェアし合って、“21世紀のみんなのチカラ”にしていきましょう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■14■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(80)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季節は同じ時間の流れのなかにある一年の4分の1ずつではない。
春は還ってきた春を大事に迎える季節。夏は自然の生命に圧倒されながら
暮らす季節。そして秋は冬の準備をする季節であり、冬は春を待つうちに
経過する。村人のこんな感覚とそれぞれの季節の村の営みが、自然の
つくりだした季節を村人の四季へと変えていく。
(哲学者・内山節さんのことば『里の在処』新潮社・2001年より)
 
* * *
 
ほんとうに夏は自然の生命に圧倒されます・・・。
 
古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、現在、HPで300を越えることばを公開中です!
 
遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、
希望のサイトになれたらうれしいです。
 
里山系の言葉、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。
http://www.satoyama.gr.jp/word/wordmov.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■15■ 里山ねっとコミュニティ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページを見てくださったり、メイルニュースを読んでくださった方、
訪問くださった方からのメッセージの一部を紹介させていただきます。
 
★初めて綾部に行きましたが,とてもステキなところですね。
緑が眩しい風景を久しぶりに見て,感動しました。
ああいう風景の中にいると,いろいろと子ども時代のことを思い出しますね。
帰りの電車の中で,田んぼやりたいね〜と盛り上がってしまいました。
今度は,ゆっくりと行ってみたい思います。(京都・竹田様)
 
★いつか「農」という軸を持った生活をしたいとずーっと心に思って
おりました。「いつかその時が来たら、“綾部”という場所は
要チェックの場所だな・・・」と思ったのです。(神戸・木村様)
 
★昨日、久しぶりによい天気につられて綾部に行きました。
おなかもすいてきたので、先日、おしえてもらった、そば屋さんに
行ってきました!すごいおいしかった!(大阪・平井様)
 
うれしいメッセージをありがとうございました!みなさまもお便り等、
ぜひお寄せください。よろしくお願いします!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■16■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大暑の「里山的生活メイルニュース」はいかがでしたか?
 
夏至を過ぎ、秋分、冬至へと向かうなかで昼間の時間がだんだん
減っているのですが、以下は二十四節気の日の「東京の昼の長さ」です。
 
大暑(7月23日)・・14時間11分
立秋(8月07日)・・13時間47分
処暑(8月23日)・・13時間15分
白露(9月07日)・・12時間44分
秋分(9月23日)・・12時間08分
 
2週間に30分くらいずつ、昼間が短くなっていきますね。
 
8月7日は秋の気始めて立つという「立秋」です。
夏のなかに秋の赤ちゃんがだんだん育っていくのですね。
 
新しい節気の訪れが待ち遠しくなるような、
大事な何かを取り戻せるような、そんな風をお届けできる
メイルニュースになれたらうれしいです。また感想もお聞かせください。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
 
※立秋号は休刊とし、次号は8月23日の「処暑」が発行日となります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
里山ねっとの「あやべ田舎暮らし情報センター」は、旧保健室を改装、
「黒谷和紙」http://www.nousanson.com/kyoto/ayabe/ をはり、
間伐材を利用した「21世紀の保健室=思索空間」です。
 
田舎暮らし、農、食、環境、まちづくり、生き方、こころなど、
約2000冊をおさめています。開館時間は9:00〜17:00、
毎日開館(年末年始のみ休館)しています。お気軽にご利用ください。
 
※お盆の間もスタッフ1名が常駐しています。
 
田舎暮らしや農業のことなど、お気軽にご相談ください。
綾部でも市民農園が開園したり、菜園付き分譲地等もあります。
 
※里山系の図書等の寄贈も受け付けています!
___________________________________________________________
里山的生活メイルニュース(VOL.80)
〜21世紀の生き方、暮らし方をもとめて〜
 
*発行日:2005.07.23(大暑)
*発行:里山ねっと・あやべ事務局(担当・塩見 直紀)
*住所:京都府綾部市鍛治屋町茅倉9 〒623-0235
   (綾部市里山交流研修センター/旧豊里西小学校)
*TEL:0773-47-0040 FAX:0773-47-0084
*MAIL:ayabe@satoyama.gr.jp 
*URL: http://www.satoyama.gr.jp
___________________________________________________________
*アクセス:JR京都駅→JR綾部駅(山陰線・特急約60分)→南口
→市営バス(西坂線(九社神社前方面行)・1日6便
乗車時間約23分・バス代は300円です。「かじや」バス停下車すぐ。
 
★注意・・・05年4月1日からバスの利用が「予約制」になっています。
乗車1時間前に電話予約しないと乗車できませんのでご注意ください。
 
※バス予約番号0773−42−1231(乗車1時間前に要予約)
*のりば:JR綾部駅南(綾部観光案内所前)
*路線名:西坂線(九社神社前方面行)
 
*行き・・・綾部駅南→ かじや(里山ねっと・あやべ前)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
08:00 → 08:22   10:00 → 10:22
12:00 → 12:22   14:00 → 14:22
16:00 → 16:22   18:00 → 18:22
*帰り・・・かじや(里山ねっと・あやべ前)→綾部駅南
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^      
07:09 → 07:31   09:09 → 09:31
11:09 → 11:31   13:09 → 13:31
15:09 → 15:31   17:09 → 17:31
※綾部市のホームページで詳細を案内しています。
 http://www.city.ayabe.kyoto.jp/fureai/ayabus.html
※参考…綾部駅「北口」〜里山ねっと間の「片道」の小型タクシー料金
=約2500円)http://www.satoyama.gr.jp/mission.htmlに
地図、時刻表等、詳細あります。
※レンタサイクル(JR綾部駅前の綾部観光センターにて貸出)も
可能です(約9キロ…)
___________________________________________________________
*このメイルニュースは2002年4月創刊、月2回、年24回、
 夏至、秋分など、二十四節気の日に発行しています。
*このメイルニュースは転送歓迎です。送信の重複、お許しください。
*このメールは里山ねっととご縁のあった方にBCC等でお送りしています。
 配信を希望されない場合はご面倒ですが事務局までその旨メールください。
___________________________________________________________
●里山ねっと・あやべとは・・・
「里山力×ソフト力×人財力」の「3つの力(未来資源)」を活かし、
里山・農村部の魅力を市内外にPR、都市交流(グリーンツーリズム)
や終の棲家としての綾部定住化を促進し、21世紀の綾部の可能性を
模索するため、2000年7月発足、NPO法人化をめざすネットワーク。
活動を通じて、綾部ファンが1人でも増え、持続可能で、かつ
競争力ある、そして魅力あるオンリーワンのまちになればうれしいです。
今後ともお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。
※ボランタリースタッフ募集中です。
____________________________________________________________
satoyama*bio-diversity*sustainability*nature*community*
relationship*agriculture*slow food*woods*art*culture*
economy*soft*simple life*local energy*human*body*mind*
spirit*human dream*vision quest*sense of wonder and everything.

 
   
 

 
   


 

小暑(2005.07.07/vol.79)

|

今日7月7日は二十四節気の「小暑」です。
「里山的生活」メイルニュース79号をお届けします!
 
今日も明日もすてきな風が吹きますように。
 
+-------------------------------------------------------------+
         里山的生活メイルニュース
     〜21世紀の生き方、暮らし方をもとめて〜
 
小暑/VOL.79/2005.07.07
+-------------------------------------------------------------+
     発行:里山ねっと・あやべ@京都・綾部
http://www.satoyama.gr.jp ayabe@satoyama.gr.jp
+-------------------------------------------------------------+
 ○ CONTENTS ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ ちいさな里の ちいさなくらし(77)「この秋は」
■2■ 情報誌『大人組』に紹介されました!
■3■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(2005年7月〜8月)
■4■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
■5■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
■6■ 「あやべ里山そば塾」3期生募集
■7■ 座談会「綾部の田舎暮らし」(綾部)
■8■ あやべ合同朝市まつり(綾部)
■9■ 第6回 集蔵 水石展(綾部)
■10■ 夢旅人 京都 2005 関輝夫・範子絵画展(京都)
■11■ 「棚田のハス園」の季節です!(綾部)
■12■ 綾部の「農と食を訪ねる旅」(綾部)
■13■ 京都府「京の田舎暮らし」イベント(京都府日吉町・瑞穂町)
■14■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(79)
■15■ 里山ねっとコミュニティ!
■16■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------
 ○ インフォメーション&メッセージ ○
----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ ちいさな里の ちいさなくらし(77)「この秋は」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月に植えた稲苗もずいぶん大きくなりました。
 
大暑(7月23日)前には「出穂」し、9月の初旬には稲刈り
となる予定です。
 
今年は耕作面積を1反(20×50M)のみにしたこと、
 
そして、
 
休耕田に植えたので草も生えず、除草の苦労?も少なく、
天国のような米づくりでした。 
 
草は少なくても、手押しの除草機を転がしたり、
素足で田んぼへ入り、手で草を取っていると
 
二宮尊徳さんの歌
この秋は 雨か嵐か しらねども 今日の勤めの 田草とるなり
 
が脳裏をよぎります。
 
21世紀は雨や嵐など、自然のことを思いながらの
手作業が、手仕事が大事になってくるのかもしれません。
(文・塩見 直紀)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 情報誌『大人組』に紹介されました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発売中の隔月情報誌『大人組』(7・8月号/プラネットジアース)
に綾部の農家民泊「モモの家」がカラー4Pで大きく紹介されています。
 
藤井さん夫妻の農家民泊「モモの家」の名前はミヒャエル・エンデ
のベストセラー「モモ」に由来しています。
里山ねっと・あやべのホームページ「ウィークリーメッセージ」
http://www.satoyama.gr.jp(6月14日付)に川田翠さんが
「モモの家」での農家民泊体験記を書いてくださっているのですが、
里山ねっと・あやべオススメの農家民泊です。
 
お米に山仕事にみつばちの飼育。カヌーに釣り。多才な藤井家の様子が、
紹介されています。関西圏での発売ですが、ぜひ書店で手におとりください。
http://www.otonagumi.com/magazine/book1.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(2005年7月〜8月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
里山ねっとでは下記のイベントを開催予定です(参加者募集中)
 
◆7月(文月)……  
・10日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
・16日(土)  *森林ボランティア「fairy of grove」
・16日(土)17日(日) *あやべ里山米作り塾(案山子づくりなど)                            
・17日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)
 
※里山的生活メイルニュース発行(23日=大暑)
 
◆8月(葉月)…… 
  
・上旬           *あやべ里山そば塾 第3期スタート             
・07日(日)       *とよさと石窯ゆめ工房(パン焼きクラブ)        
 
・31日(日)       *座談会《田舎暮らし》※下記参照
 
※里山的生活メイルニュース発行(7日=立秋、23日=処暑)
 
===========ただいま募集中です============
 
・第3期「あやべ里山そば塾」、塾生募集中(8月スタート)
・農家民泊体験(常時受付中)
・パン焼き体験(グループの体験学習等/常時受付中)
・森林ボランティア等の体験活動募集中(同上)
 
・田舎暮らし相談会(常時受付中/於 里山ねっと)
・あやべ田舎暮らし情報センター(常時開館/里山ねっと内の里山図書館)
 
・里山ねっとボランタリースタッフ(HPをご覧ください)
 
・市民農園@綾部、募集中です(お問合せは里山ねっとまで)
・菜園付分譲地「檪の里」、ただいま好評分譲中です(綾部市)
 
お問合せ:里山ねっと事務局まで。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jpまで。
※視察等の受入れもおこなっておりますのでお問い合わせください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月度の「とよさと石窯ゆめ工房」(市内外の石窯ファンによるパン
焼きクラブ・毎月第2日曜開催)が、7月10日(日)・17日(日)
9:00〜15:00に開催されます。今回も石窯で各種パン、
ピザを焼きます。
 
好評のため、7月は月に2度開催し、9月以降も、月2度開催を
検討してまいります。
 
会場は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。
 
※中学校の授業や各種研修等でパン焼き体験を希望いただいています。
団体での受付もしておりますので、事務局までお問合せください。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ 週末は森の中へ(森林ボランティア)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月の森林ボランティア「フェアリーオブグローブ(森の妖精)」を
7月16日(土)、開催いたします(10:30集合)。
 
里山ねっとがある鍛治屋町自治会との連携で、稲荷神社の参道の
階段修復作業や地元住民のこころの山「空山(そらやま)」頂上での
倒木撤去作業(応援活動)、村行事である「道つくり」と「岸焼き」
応援作業をおこなったり、竹炭焼き、シイタケ等の菌打ちをおこなったり
してきましたが、今回は「裏山整備」を予定しております。
※7月17日(日)には、夏の綾部恒例の行事である「あやべ
由良川下り」にメンバーが参加予定です。
 
年会費4,000円。1回だけの参加は1,000円が必要です。
会場・集合場所は綾部市里山交流センター
(旧豊里西小学校・綾部市鍛治屋町/綾部駅から車で約15分)です。
 
お問合せは里山ねっと事務局まで。毎月、第3土曜に開催です。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■ 「あやべ里山そば塾」3期生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3年目になりました好評の「あやべ里山そば塾」もいよいよ来月開講です。
ただいま塾生を募集中ですで、ぜひお申し込みください。
 
初回は8月上旬、畑つくり・種蒔きを行います(予定)。
その後、草引き、花鑑賞会、収穫と活動を行います。塾生には最後に、
手打ちそば講習会を受けていただき、収穫できた「そば」を打って
食べていただけます。
 
塾生になるには登録が必要で登録費(参加費含)は10,000円。
お問合せは、里山ねっと事務局まで。
電話0773−47−0040、ayabe@satoyama.gr.jp。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ 座談会「綾部の田舎暮らし」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都府中丹東農業改良普及センター主催で、座談会「綾部の田舎暮らし
〜田舎暮らしに近づこう、さっそく、綾部に行ってみよう〜」が
開催されます。ぜひ参加ください。
 
近い将来田舎暮らしを実現するために、綾部の人々との交流を
通して心地よい汗を流す体験をし、農山村暮らしについて楽しく
学ぶ講座を開催します。
 
◇ 日時 7月31日(日) 9:30〜16:00
◇ 場所 綾部市観光センター(綾部市八津合町) 
◇ 内容 綾部市観光センター 9:30集合(受付開始)   
10:00〜14:00 体験と昼食づくり、昼食
 ◎ こんにゃくづくり     地元の女性グループ
 ◎ ピーマンの収穫作業    地元のピーマン農家
  ※こんにゃくとピーマンいずれかを選択して体験します。
 ◎ みんなで昼食準備と昼食
  ※白ごはん、刺身こんにゃく、夏野菜・山菜の天ぷらなどです。
14:00〜15:50 座談会
 ◎「田舎ぐらし実践中!−農業、仲間、集落、習慣等−」
                  みず菜農家
 ◎「綾部市の紹介」         綾部市役所
 ◎「都市農村交流と農村移住」    里山ねっと・あやべ
16:00 現地解散
 
◇ 集合場所・時間 綾部市観光センター(綾部市八津合町)9:30
◇ 募集人数  30名(先着順)
◇ 参加費   3,000円(バス、昼食代、体験料、保険等)
◇ 締め切り  7月26日(火)まで
◇ 申込み・問合せ先
  京都府中丹東農業改良普及センター(担当:柴田、松藤、乾)
  TEL0773−42−2255 FAX0773−42−0191
  E-mail:chushin-no-higashi-nokai@mail.pref.kyoto.jp
主催:京都府中丹東農業改良普及センター、協力:綾部市
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8■ あやべ合同朝市まつり(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月16日(土)、午前8時〜11時、綾部産の新鮮野菜等を販売する
「あやべ合同朝市まつり」が開催されます。
市内各地で地元産の農産物を販売している9つのグループが一同に集う
もので、お楽しみ企画(子じゃがのつかみ取り、抽選での特選野菜
プレゼントなど)もあります。また市農村女性加工研究会による
みそや梅干しなどの加工品販売もあります。このチャンスにぜひ綾部へ
お出かけください。
 
会場:JR綾部駅北広場
主催:あやべ合同朝市まつり実行委員会
お問合わせ:綾部市役所産業企画課
TEL:0773−42−3280(内線348)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9■ 第6回 集蔵 水石展(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
蚕都であった綾部が創業の地であるグンゼ株式会社。グンゼ博物苑
『集蔵(つどいくら)』では、市内外の芸術・創作活動を支援すべく
魅力的な空間を市民に開放しておられます。
 
7月9日(土)10時〜17時、10日(日)10時〜16時まで
「集蔵 水石展」が開催されます。今年度より、即売石コーナーも併設。
主催は綾部愛石会、後援は綾部市文化協会、あやべ市民新聞社です。
 
「水石(すいせき)」とは、砂を敷いた上に、河川で出会った自然石を
山等に見立てて置き、苔や水等で宇宙(世界)をあらわすものです。
綾部の水石のレベルは全国的にも名高く、私も1度拝見して以来、
その「水石の宇宙」の虜となっています。綾部にUターンして一番衝撃を 受けたのが実はこの水石です。小盆栽や苔玉などが流行する今、ますます
光を発し、たくさんの人を魅了するでしょう。綾部発の水石の宇宙、
必見です!(案内・塩見直紀)
 
場所は綾部市青野町。駐車場あり。入館・駐車場ともに無料です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10■ 夢旅人 京都 2005 関輝夫・範子絵画展(京都)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
綾部在住で創作活動をおこなっておられる夢旅人舎の関輝夫・範子夫妻が
京都市の「嵐山ハイブリット美術館」で絵画展をおこなわれます。
関夫妻も毎日在廊されていますのでぜひお立ち寄り下さい 。
※最終日には、阿素湖素子さんのヴァイオリンライブがあります 
 
日時:6月28日(火)〜7月14日(木)まで ※月曜休
会場:嵐山ハイブリット美術館(電話075-862-5544) 
   京都市西京区嵐山東一川町3−1※阪急嵐山駅より徒歩1分
 
夢旅人舎のホームページアドレス
http://www.geocities.jp/yumetabitosha
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■11■ 「棚田のハス園」の季節です!(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2002年夏、綾部市志賀郷(しがさと)町の棚田を利用して誕生した
「志賀郷 棚田のハス園」も今年もオープンです。
同町の井上晴政さんが8年の歳月をかけ、一人で整備されたもので、
各種メディアで紹介され、市内外からたくさんの人が同園を訪れ、
感動を呼び続けています。何度でも行きたくなる棚田のハス園は
永井記念財団(綾部市)の平成14年度「永井奨励賞」を受賞。
今年もさらに磨きをかけて、素敵な思索空間になっています。
 
開園時間は日没まで。開花期間中は中学生以上200円、小学生以下
100円(それ以外の時期はそれぞれ半額)。場所は志賀郷町で、
志賀小学校正面向かいに案内板が立っています。数台の駐車場あり。
 
開花期間は7〜8月。花の見頃は7月中旬から8月中旬頃の午前中です。
みなさまもぜひ一度、棚田のハス園に来園ください!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12■ 綾部の「農と食を訪ねる旅」(綾部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人「あやべ農業友の会」(綾部市)では、8月末、
下記のイベントを企画しています。以下、主催者からの案内です。
              
農業や田舎暮らしに興味のある方、農家と友達になりたい方、
自然の中で遊びたい方、里山野菜を使った手作り料理を食べたい方、
ぜひご参加下さい。
 
綾部の若手農家が、手作りの企画でおもてなしします。
定員は先着20名です。部分参加もできます。お問い合わせ下さい。
 
【日時】8月27日(土)〜28日(日)
【集合場所】綾部駅北口(27日13時)
 
【参加費】10,000円(小学生以下5,000円)
1泊2食(交流会参加費含む)、ピザ教室・料理教室会費、交通費、
温泉入浴料、お土産京野菜セット(大人のみ)が含まれています。
 
◆お申し込み・お問い合わせ◆
NPO法人あやべ農業友の会(理事長:河北卓也)
TEL 0773(43)1001(あやべNPOセンター内)
FAX 0773(43)0463
メール:gentarou@silver.ocn.ne.jp
住所:綾部市並松町上溝口20番地の3
 
【スケジュール】
13:00 綾部駅北口集合
13:30 ミーティング(里山ねっとにて)
14:00 手作りピザ教室(里山ねっとにて)
    ※綾部産夏野菜ピザを石窯焼きで。小麦粉も綾部産を使用します。
17:00 あやべ温泉で入浴
    ※綾部産品のお買い物もできます。
18:30 農業なんでも交流会(綾部青少年山の家にて)
 
宿泊 綾部青少年山の家(綾部市睦寄町 0773-55-0443)
 
8:30 朝食(山の家にて)
    ※朝の田んぼ道散策などもご自由に
10:00 おばあちゃんの料理教室(綾部市光野町)
    ※野草と雑穀を使った料理教室です。講師:若杉友子さん
14:00 京野菜の収穫体験(綾部市高津町 綾部市多田町)
    ※万願寺甘唐と賀茂ナスに分かれます。
15:00 解散(綾部駅北口)
 
【あやべ農業友の会のメンバー】
・河北 卓也・・・米、酒米、賀茂ナスを栽培。写真とネパールも大好き。
・村田 利治・・・米、ミズナを栽培。東大阪からの新規就農者。
・四方 英喜・・・米の専業農家。ジーパンの営業マンから40代で転身。
・金田 博子・・・米と大豆を栽培。味噌、醤油づくりも。和太鼓も趣味。
・?戸川雄一・・・万願寺甘唐を栽培。ブラジル料理も得意。
・水田 裕之・・・自給自足を目指し、奥上林に移住。綾高での講師も。
 他
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■13■ 京都府「京の田舎暮らし」イベント(京都府日吉町・瑞穂町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都府の日吉町、瑞穂町でも田舎暮らしイベントがおこなわれます。
ぜひ京の田舎暮らしを体感ください。
 
●イベント(1)京の田舎ぐらし体感in日吉
        〜村を語る・暮らしを語る〜
 
◇ 日時 7月17日(日)8:15〜17:30
◇ 場所 京都府日吉町内(中世木集落ほか)
◇ 内容 京都駅八条口 8:00集合 8:15出発
   午前 ・京野菜壬生菜の収穫体験   
      ・座談会〜「むら」を語る〜
        「中世木集落はこんなところ」 講師 中川輝男氏
      ・郷土食(ほお葉飯)づくり体験
   昼食 ・ほお葉飯、壬生菜のサラダやおひたしなど
   午後 ・中世木集落の散策
      ・座談会(2)〜「田舎の暮らし」を語る〜
       「農村で暮らすということ」講師 中村有光・佳代子夫妻
    ・日吉町の概要(日吉町役場からの説明)
    ・日吉町郷土資料館の見学
◇ 集合場所・時間  京都駅八条口 8:00受付集合
◇ 募集人数 20人(先着順)
◇ 参加費  3,000円(バス、昼食代、入場料、保険等)
◇ 締め切り 7月12日(火)
◇ 申込み・問合せ先
 京都府農林水産部農村振興課 
  〒602−8570 京都市上京区下立売通新町西入藪内町
  TEL075−414−4900 FAX075−414−4939
  Email:noson@mail.pref.kyoto.jp
 
●イベント(2)瑞穂町の魅力伝える、田舎暮らし座談会
        〜野鳥がさえずる町で、農のあるくらしを〜
 
◇ 日時 7月23日(土) 9:30〜17:00
◇ 場所 京都府瑞穂町   
◇ 内容 JR園部駅西口 9:15受付 9:30出発
  午前  ・道の駅「さらびき」で農産物のお買い物
        (直売場−吉田忠治代表のお話)
     ・特産瑞穂大納言小豆の種まき体験
      ・瑞穂町の概要(役場からの説明)
     ・涼しい鍾乳洞見学
昼食  ・流しそうめんとマス釣り 
午後  ・座談会
     「Uターン青年の農業体験談」 講師 細野章人氏
     農業青年のホウレンソウハウス見学
     「田舎暮らしについて−初めての農業、仲間、習慣」   
        京都市からの就農者のお話 講師 坂本武氏  
◇集合場所・時間
     JR園部駅西口前広場 9:30
          (受付は同所で9:15から開始)
◇ 募集人数  25名
◇ 参加費   3,000円(バス、昼食代、入場料、保険等)
◇ 締め切り  7月15日(金)(先着順)
◇ 申込み・問合せ先
  京都府南丹農業改良普及センター(担当:佐藤・今井)
  〒622-0041 京都府船井郡園部町小山東町藤ノ木21
  TEL0771(62)0665  FAX0771(62)3924
Email:nanshin-no-nantan-nokai@mail.pref.kyoto.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■14■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(79)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「せんねん まんねん」 詩・まど みちお
 
いつかのっぽのヤシの木になるために
そのヤシのみが地べたに落ちる
その地ひびきでミミズがとびだす
そのミミズをヘビがのむ
そのヘビをワニがのむ
そのワニを川がのむ
その川の岸ののっぽのヤシの木の中を
昇っていくのは
今まで土の中でうたっていた清水
その清水は昇って昇って昇りつめて
ヤシのみのなかで眠る
 
その眠りが夢でいっぱいになると
いつかのっぽのヤシの木になるために
そのヤシのみが地べたに落ちる
その地ひびきでミミズがとびだす
そのミミズをヘビがのむ
そのヘビをワニがのむ
そのワニを川がのむ
その川の岸に
まだ人がやって来なかったころの
はるなつあきふゆ はるなつあきふゆの
ながいみじかい せんねんまんねん
 
(『まどみちお詩集』ハルキ文庫より)
 
* * *
 
古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、現在、HPで300を越えることばを公開中です!
 
遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、
希望のサイトになれたらうれしいです。
 
里山系の言葉、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。
http://www.satoyama.gr.jp/word/wordmov.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■15■ 里山ねっとコミュニティ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページを見てくださったり、メイルニュースを読んでくださった方、
訪問くださった方からのメッセージの一部を紹介させていただきます。
 
★今年はいつもの年以上に「ほたる」が気になり、とうとう夜中に
市内をうろうろしました。里山ねっとのほうから物部のほうからと。
が,一匹のほたるにも会わずして帰りました。[台風で、幼虫もかわになも
いなくなったんやろうな。」と改めて自然の破壊に恐怖さえ感じました。
(京都・高倉様)
 
★それにしても、私の大好きな蛍になかなか逢えない事は、淋しいことです。
熱くなります。夏は熱いもの!!!木陰が楽しい季節です。風のささやきも
いいですよね。いいところに住んでいるな・・・なんて感謝!!感謝!!
(京都・道下様)
 
★関西で民藝(手仕事)のこころでもって、モノ作りをしたいと思ったのです。
いろいろまわってるうちに、(綾部がある)中丹方面によく行くように
なりました。実際に行ってみたあと、ホームページなんかを見て、
守っていこうとする力、よくしていこうとする力を感じました。
それから、綾部に関心をもったのです。(大阪・平井様)
 
うれしいメッセージをありがとうございました!みなさまもお便り等、
ぜひお寄せください。よろしくお願いします!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■16■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小暑の「里山的生活メイルニュース」はいかがでしたか?
 
先日、来客があり、「棚田のハス園」へお連れしました。
お客様も大変喜んでくださったのですが、ここは綾部有数の
「思索空間」。「ほとけのこころに帰れるところ」ですね。
 
新しい節気の訪れが待ち遠しくなるような、
大事な何かを取り戻せるような、そんな風をお届けできる
メイルニュースになれたらうれしいです。また感想もお聞かせください。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
 
次号は7月23日の「大暑」が発行日となります。
 
里山ねっとの「あやべ田舎暮らし情報センター」は、旧保健室を改装、
「黒谷和紙」http://www.nousanson.com/kyoto/ayabe/ をはり、
間伐材を利用した「21世紀の保健室=思索空間」です。
 
田舎暮らし、農、食、環境、まちづくり、生き方、こころなど、
約2000冊をおさめています。開館時間は9:00〜17:00、
毎日開館(年末年始のみ休館)しています。お気軽にご利用ください。
里山系の図書等の寄贈も受け付けています!
 
※休日もスタッフが常駐しています。田舎暮らしや農業のことなど、
お気軽にご相談ください。綾部でも市民農園が開園したり、
菜園付き分譲地等もあります。
___________________________________________________________
里山的生活メイルニュース(VOL.79)
〜21世紀の生き方、暮らし方をもとめて〜
 
*発行日:2005.07.07(小暑)
*発行:里山ねっと・あやべ事務局
(担当・塩見 直紀)
*住所:京都府綾部市鍛治屋町茅倉9 〒623-0235
   (綾部市里山交流研修センター/旧豊里西小学校)
*TEL:0773-47-0040 FAX:0773-47-0084
*MAIL:ayabe@satoyama.gr.jp 
*URL: http://www.satoyama.gr.jp
___________________________________________________________
*アクセス:JR京都駅→JR綾部駅(山陰線・特急約60分)→南口
→市営バス(西坂線(九社神社前方面行)・1日6便
乗車時間約23分・バス代は300円です。「かじや」バス停下車すぐ。
 
★注意・・・05年4月1日からバスの利用が「予約制」になっています。
乗車1時間前に電話予約しないと乗車できませんのでご注意ください。
 
※バス予約番号0773−42−1231(乗車1時間前に要予約)
*のりば:JR綾部駅南(綾部観光案内所前)
*路線名:西坂線(九社神社前方面行)
 
*行き・・・綾部駅南→ かじや(里山ねっと・あやべ前)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
08:00 → 08:22   10:00 → 10:22
12:00 → 12:22   14:00 → 14:22
16:00 → 16:22   18:00 → 18:22
 
*帰り・・・かじや(里山ねっと・あやべ前)→綾部駅南
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^      
07:09 → 07:31   09:09 → 09:31
11:09 → 11:31   13:09 → 13:31
15:09 → 15:31   17:09 → 17:31
 
※綾部市のホームページで詳細を案内しています。
 http://www.city.ayabe.kyoto.jp/fureai/ayabus.html
※参考…綾部駅「北口」〜里山ねっと間の「片道」の小型タクシー料金
=約2500円)http://www.satoyama.gr.jp/mission.htmlに
地図、時刻表等、詳細あります。
※レンタサイクル(JR綾部駅前の綾部観光センターにて貸出)も
可能です(約9キロ…)
___________________________________________________________
*このメイルニュースは2002年4月創刊、月2回、年24回、
 夏至、秋分など、二十四節気の日に発行しています。
*このメイルニュースは転送歓迎です。送信の重複、お許しください。
*このメールは里山ねっととご縁のあった方にBCC等でお送りしています。
 配信を希望されない場合はご面倒ですが事務局までその旨メールください。
___________________________________________________________
●里山ねっと・あやべとは・・・
「里山力×ソフト力×人財力」の「3つの力(未来資源)」を活かし、
里山・農村部の魅力を市内外にPR、都市交流(グリーンツーリズム)
や終の棲家としての綾部定住化を促進し、21世紀の綾部の可能性を
模索するため、2000年7月発足、NPO法人化をめざすネットワーク。
活動を通じて、綾部ファンが1人でも増え、持続可能で、かつ
競争力ある、そして魅力あるオンリーワンのまちになればうれしいです。
今後ともお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。
※ボランタリースタッフ募集中です。
____________________________________________________________
satoyama*bio-diversity*sustainability*nature*community*
relationship*agriculture*slow food*woods*art*culture*
economy*soft*simple life*local energy*human*body*mind*
spirit*human dream*vision quest*sense of wonder and everything.


 
   
 

 
   


 

このアーカイブについて

このページには、2005年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2005年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.0