新しい人生

| | コメント(0)

kazamidori.JPG

すてきなカタチをした枝を拾ってきました。

枝ぶりを活かした
何かいい使い道はないかなと思っていたら、

こわれた風見鶏を倉庫で発見。

小庭に立ててみました。

いつ撮ってあげると映えるかな。

晴天もいいけれど、里の日没前もいい感じでした。

それにしても枝さんって、ユニークですね。

古民家の梁(はり)もそうですが、
まっすぐがすべてではないことを教えてくれます。

(文・塩見直紀/撮影地・綾部市鍛治屋町 拙宅小庭にて)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2005年11月13日 04:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「‘«‚ðŽ~‚ß」です。

次のブログ記事は「桃栗3年 柿8年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0