ニュージェネレーション

| | コメント(0)

newgne.JPG

稲刈りを終えた頃、東京の友だちを田んぼに連れて行ったら
「これ、なんて作物ですか」、って聞かれました。

切った草木の根や株から生え出た芽を
「ひこばえ=孫生え」っていいますが

せっかく伸ばした穂を収穫されてしまった稲さんは
負けないよ!と二番目の穂(二番穂)を伸ばしているのです。

たくましいですね。


こんな風景を見るとぼくは
「新(しい)」という漢字を思い出します。

「新」とは、「立」っている「木」を「斧」で倒す意だそうですが
ニュージェネレーションはこんなふうに誕生していくのですね。

稲さん、次世代のために種子を残そうとがんばっているなあ。

(文・塩見直紀/撮影地・綾部市鍛治屋町宮ノ前の農道にて)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2005年9月23日 04:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「切り株を踏みに」です。

次のブログ記事は「‚í‚ç‚Æ‚¢‚¦‚Î」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0