里の千色

| | コメント(0)

6.JPG

綾部には40名近いアーティストが移住されたりして

創作活動をされています。

京阪神からのほどよい距離(2時間弱)がいいそうです。

お隣の小畑町には染織作家の森口靖彦・雪枝さん夫妻

(草木染工房さらさ)がおられます。

里山のいろんな素材を使って、さまざまな色が生まれていく。

森口さんのそんな作品の数々を拝見していたとき

ぼくはふと、こう思ったのです。

「里山の百色展」とか「千色展」とかできたらおもしろいなあと。

この写真は杉の葉です。

軒下に大事においておいたら、

きれいな色に育ってました。

これで染めたら、どんな色になるかな。

里山は自然な色、アースカラーの宝庫ですね。

(文・塩見直紀/撮影地・綾部市鍛治屋町の我が家の軒下にて)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2005年7月15日 13:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハートの田んぼ」です。

次のブログ記事は「‚â‚à‚¿‚á‚ñ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0