AYABEJAPAN

人の宇宙

ネットワーキング∞

地域資源データベース(未)
こころの風景

つばさがはえる地図

綾部発★EVENT★21

グループ、サークル(未)
意見公募(アンケート

素材商品開発研究所(未)


HUMAN UNIVERSE

このページでは、21世紀の生き方を模索され、また実践されておられる綾部在住の魅力的な人物を紹介していきます。

satoyama lifestyle creator(2)




若杉 友子(わかすぎともこ)さん
(光野町在住・自然食研究家)

若杉 典加(わかすぎのりか)さん
(光野町在住・自然食研究家)
ていねいに生きる

1997年の10月、若杉さん親子は、静岡市から綾部に移住されてこられました。もう4年になります。お二人は知る人ぞ知る、その世界では有名な自然食の研究家で、おうわさはよく聴いておりました。
 
お二人は、肉や魚、牛乳、卵、砂糖等を使わない暮らしを実践され、先人の生活哲学である「身土不二」の暮らしを、「自給自足」に近い暮らしを楽しんでおられます。
 
  典加さんは機関誌『萌(もえ)』(旧名『つくしんぼ』)を発行され、全国の会員約500名に向けて、自然な暮らしや食について、21世紀の生き方について、メッセージされています。(私も以前からの会員です!)
農体験等、季節のイベントをされ、多くのファンが奥上林を訪れます。すでにその世界でも先駆者です。
11月、綾部でありました京都府地域活力創出シンポジウムの交流会では、遠方からの客人にまさしく「ご馳走」をふるまってくださいました。素材、調味料も吟味つくされ、「身体がよろこぶ」温故創新のおいしいごはんでした。
メニューをあげますと、「やさいおこわ、あわごはん、けんちん汁、きんぴらごぼう、ごま豆腐、おから煮、車ふの唐揚げ、おからのつくね、天然あさつきのぬた、生姜のつくだ煮、らっきょう漬け、鬼まんじゅう、生八ツ橋」の13品。
 
今年は和綿の種を蒔いて、いつか自分で糸を紡ぎ、服をつくりたいとおしゃっています。「衣の自給」をめざして、「心地よい暮らし」を求めて、さらなる一歩が始まりそうです。
 
(文責・事務局・塩見直紀)


[人の宇宙」バックナンバーはこちら


※リンク及びWebページ等への掲載についてはayabe@satoyama.gr.jpまでお問い合わせ・ご連絡をお願い申し上げます。
※このホームページに掲載されているすべての画像について無断転用・無断掲載をお断りいたします。

Copyright (c)2000-2004  . All rights reserved by SATOYAMA NET AYABE




TOP ミッション 田舎暮らし情報センター ヒストリー&プラン サポーター&スタッフ よくある質問(FAQ) 
里山交流研修センター みらいのちから AYABE QUEST リンク集 里山ねっと通信 メイルニュース

出逢いネットワーキング つばさがはえるちず 人の宇宙 地域資源データベース こころの風景 綾部発★EVENT★21 
綾部のサークル 意見公募 里山素材商品開発研究所 AYABE JAPAN

里山的生活 WEEKLY MESSAGE THE BEAUTIFUL DAYS スローな旅をしよう 空想書斎 カントリーウォーク 
導かれて綾部へ 他火研 空き家物件紹介 未来を開く里山系のことばたち 農家民泊 21世紀のおすすめ本100册 
里山力研究所 パン窯でパンを焼こう 森林ボランティア