情報発信する廃校たち




綾部のまわりに、情報発信する廃校舎を活用したすてきなスペースがあります。
 
「NPO法人 地球デザインスクール」(京都府宮津市)
http://www.e-ds.jp/
 
「篠山チルドレンズミュージアム」(兵庫県篠山市)
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/children/index.html
 
「風音(ふうね)」(福井県小浜市)
※カフェ&ギャラリー、クラフトショップ(+木工家のアトリエ) 
http://www.fuku2.co.jp/huune.html
 
そんな素敵な「元学校」に出会って、「情報発信する廃校たち」ということばが生まれました。
 
里山ねっと・あやべのホームページのトップページには「工事中」として、以前から、そんなことばを入れてきました。
いつか大きく育てたいと思っているコンセプトです。
 
廃校と情報発信。
廃校と情報発信って、正反対じゃないの?
 
情報発信する廃校って、まったく関係がなさそうなのに、どうして?
そう思ってもらえるとうれしいです。
 
ある教育学者がこんなことを言っておられました。
いままでの教育は「受信偏重型」だったけど、
これからは「発信型教育」になるであろうと。
 
もちろん受信あっての発信だけど、社会に、世界に向けて積極果敢に発信していくことを前提とする教育というものが求められる時代になる。
そんなメッセージだったと思います。
 
子どもの数が減って、学校が統廃合になっていく。
 
統廃合後、学校は新しいいのちを得て、発信基地となっていくという不思議。
 
廃校となった校舎という器に魂が入れば、新しい物語が始まっていくのですね。
 
21世紀の生き方、暮らし方を考えるための情報発信。
里山ねっと・あやべから、発することができたらいいな。
 
(文・塩見 直紀)

 



TOP ミッション 田舎暮らし情報センター ヒストリー&プラン サポーター&スタッフ よくある質問(FAQ) 
里山交流研修センター みらいのちから AYABE QUEST リンク集 里山ねっと通信 メイルニュース

出逢いネットワーキング つばさがはえるちず 人の宇宙 地域資源データベース こころの風景 綾部発★EVENT★21 
綾部のサークル 意見公募 里山素材商品開発研究所 AYABE JAPAN

里山的生活 WEEKLY MESSAGE THE BEAUTIFUL DAYS スローな旅をしよう 空想書斎 カントリーウォーク 
導かれて綾部へ 他火研 空き家物件紹介 未来を開く里山系のことばたち 農家民泊 21世紀のおすすめ本100册 
里山力研究所 パン窯でパンを焼こう 森林ボランティア