« 2005年11月 | メイン | 2006年02月 »

2005年12月22日

坊口でいっしょにイノシシを食べませんか交流会(参加者募集)

ボーゴチ都市住民との交流をすすめる委員会主催、
京都府中丹東農業改良普及センター協力で

平成18年2月4日(土)、綾部市坊口町において
「坊口でいっしょにイノシシを食べませんか交流会」
が開催されます。

以下、参加者募集のお知らせです。

「坊口でいっしょにイノシシを食べませんか交流会」

高齢化が進む農村において、農業と農地を守り、
美しい農村の環境を保全するとともに、
都市と農村の人々が交流を深めることを目的とします。

田舎暮らしをご検討されている方、一度来てみて下さい。

◆日時:平成18年2月4日(土)10時10分~16時45分
(10時10分にJR綾部駅北口に集合)

◆場所:志賀郷北部集会所(綾部市坊口町竹本)

◆募集人数:15名程度(先着順)

◆参加費:3,500円(バス、昼食等)

◆内容:

 <「竹の子祭」の見学>・・・[10:40~12:00]

篠田神社(綾部市篠田町)にて、水稲の豊作祈願と筍(たけのこ)による豊凶の占い神事を見学します。

 <昼食> ・・・[12:10~13:00]

 <話し合い> ・・・[13:00~15:00]

■ 田舎暮らしの紹介(京都府立大学農学部助手 中西宏彰氏)

■ 坊口町の概要説明(坊口営農組合長 松井基氏)

■ 自己紹介、意見交換

 <イノシシ鍋を食べながら交流>[15:00~16:45]

※ 降雪の恐れがありますので、なるべく、公共交通機関を利用してご参加下さい。

◆申し込み先及び締め切り

京都府中丹東農業改良普及センター(担当:松藤、乾)
〒623-0012 京都府綾部市川糸町丁畠10―2
TEL:0773-42-2255 FAX:0772-42-0191
E-mail:chushin-no-higashi-nokai@mail.pref.kyoto.jp

1月25日(水)まで (先着順・定員に達し次第締め切ります)

※参考となるHPです。是非ご覧下さい。

 志賀の七不思議「茗荷さん」
 → http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/asusuki/myoga.htm

投稿者 satoyama : 17:04 | コメント (1)

また、冬将軍到来!!

-4donohiekomi.jpg

全国的に大寒波の襲来です。

今朝(22日)、道路の凍結状態の参考とするために
取り付けられた温度計を見てください。

デジタル表示された温度は、-4℃でした。

冷え冷えになった路面に小粒状の新雪が7~8cm
降り積もって、タイヤに踏み固められて真っ白な
道になっています。

私が見た最近の最低気温は、-5℃でした。
ため池も降り注いだ雪と氷で一面白くなっています。

でも、子供の頃はもっと寒かったような気がします。

-10℃になることもあったように思いますが
地球温暖化なのでしょうか?

小学校へ通う途中、池の氷の上にのって遊んでいた
ことを思い出しました。
氷にのっても割れることもなく歩いていました。

もっとも、体重は今の何分の1かでしょうが。

ある時、通学路沿いの防火水槽の上を同級生が
おもしろがって歩いていました。

「のれる!のれる!」

よく冷え込んだ日だったので分厚い氷が子供の体重を
支えていました。

その時、歴史は動いた!

別の同級生が、「ほんまに!」と言いながら防火水槽の端の氷を
思いっきりかかとで蹴ったのです。

するとどうでしょう。

今までしっかりとしていた氷がバリッと音を立てて割れたのです。
あっという間に氷のひび割れは防火水槽全体に広がり
のっていた同級生は、そのひび割れの中へ!

寒中水泳よろしく泳いで端にたどり着き、あがったのですが
当然ずぶぬれ!

学校へは向かわず一路自宅へ帰ることになりました。

可哀想やら可笑しいやらで今でも思い出すと
やっぱり笑えてしまいます。

少年時代の大切な思い出です。

投稿者 satoyama : 09:37 | コメント (2)

2005年12月20日

冷え込み

051220雪の空山.jpg

雪の1日が過ぎ、今日は冷え込みの日となりました。

空は、きれいに晴れ渡り放射冷却もあって
どこかしこがカチンカチンです。

今日は、空山がとってもきれいです。

快晴の空をバックに凛々しくそびえ立つ空山。
写真に撮ってみるとそんなに感動が写りません。

すこし残念ですが、感動のおすそ分けです。

気が向けば、(冬用タイヤの準備もして)
雪の里山へお出かけください。

投稿者 satoyama : 09:09 | コメント (0)

2005年12月19日

大雪警報発令中!

051219積雪43cm.jpg

里山ねっとがある綾部市にも大雪警報が発令されています。

昨日(18日)の未明から降り始めた雪は、日中降ったり止んだりを
繰り返したあと、夜間に降り続き大雪警報も出されました。

今朝も、除雪された道路でも雪が踏み固められ
路面が見えないところばかりになっています。

交通障害もかなり出ているもようです。

冬用のスタッドレスタイヤを着けている自動車ばかりですが、
時速30km以下の運転を余儀なくされています。

慣れている人が多いというものの、今シーズン初めての雪、
おまけに、近年にないほどの大雪でノロノロ運転も
やむを得ない状況です。

グラウンドの雪を掘って測ってみました。

紅白のポールはそれぞれ20cm毎に着色されていますが、
下から「白」「赤」を超える積雪が見えますか?

19日(月)午前11時現在、43cmの積雪が確認できました。

気温は、-2℃ぐらいでしょうか

しばらく、雪かき作業が続きそうです。

投稿者 satoyama : 11:38 | コメント (1)

2005年12月08日

15万アクセスありがとうございます!

150000get051207.jpg

■ホームページ15万アクセス記念プレゼント!

おめでとうございます。
7日夜、午後9時○○分頃、15万アクセスを達成していただきました。

めでたく、記念プレゼントをゲットされましたのは、

神戸市の「綾部君麻呂」様
またの名は「里山助三郎」様です。

15万アクセスと同時に画面を保存し送っていただきました。

証拠の画像を皆さんに見ていただければとアップしました。

聞くところによると、かなり多くの方が狙っておられたようで
昨日は、普通の日の3倍近いアクセスがありました。

いつも見ていただいてありがとうございます。

今後も皆様に見ていただける、読んでいただける
ホームーページづくりに努めますので、今後とも
よろしくお願いいたします。

後になりましたが、記念品の「あやべ農家民泊体験 ご招待券」を
ゲットされました綾部君麻呂様にお送りする予定です。
おめでとうございました。

日頃のご愛顧も含めて厚く御礼申し上げます。

投稿者 satoyama : 17:32 | コメント (1)

2005年12月07日

『自休自足』(2006年冬号)に載っています!

jikyujisoku.JPG

第一プログレス発行の
slow and natural life magazine『自休自足』
(2006年冬号/Vol.12)で

「とよさと石窯ゆめ工房」が紹介されました。

今号は「田舎のパン屋さん」の特集です。

田舎暮らしをしながら、パンを焼きたい方は必見です。

自休自足HP→http://www.yumeinaka.net/index.htm

投稿者 satoyama : 11:24 | コメント (0)

2005年12月01日

第2回あやべ合同朝市まつり(綾部)

12月10日(土)、午前8時~11時、綾部産の新鮮野菜等を
販売する「第2回あやべ合同朝市まつり」が開催されます。

市内各地で地元産の農産物を販売している9つのグループが一同に
集うもので、お楽しみイベント(ぜんざい無料サービス、やきいも
1本100円、花の種プレゼント)もあります。

また市農村女性加工研究会によるみそや梅干しなどの
加工品販売もあります。このチャンスにぜひ綾部へお出かけください。
 
日時:12月10日(土)午前8時~11時
会場:JR綾部駅 北広場

主催:あやべ合同朝市まつり実行委員会
お問合わせ:綾部市役所産業企画課
TEL:0773・42・3280(内線348)

投稿者 satoyama : 11:19 | コメント (0)