« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月27日

台風の影響でした

今回の台風。
関西地方は大きな影響が無く助かりました。
案山子もほっと一息。

ところで、昨年の台風被害が意外なところに出てた話。

山からの鉄砲水で大きな被害を被った隣村の水田が
5月にやっと復旧し田植えも出来た。しかし
鉄砲水と共に流入した山の落ち葉を含んだ腐葉土が復旧水田に
大量に堆積。
そのため、大変な肥料過多となり稲が育ちすぎてしまった。
6月末までは順調だったが、その後の長雨で突然「いもち病」発生、
収穫見込み30%以下と最悪の状況となり、耕作者は決断!!。
近接水田の影響も配慮し、約60aの稲を泣く泣く青田刈りせざるを
えなかったとか。
実にお気の毒なこと。お見舞い申し上げます。

投稿者 satoyama : 13:47 | コメント (2)

2005年07月21日

夏休み

12.JPG

さて、今日から夏休みです。
小学生達は里山ねっとに集合し、5キロ離れた小学校まで
バスに乗ってプールに通います。
雨の日以外はこれが日課となります。

投稿者 satoyama : 13:46 | コメント (0)

2005年07月18日

里山観音出現

kannon.jpg

近年はほとんど見かけることができない「案山子」
里山米作り塾塾生の皆さんの手によって「案山子つくり」が
行われました。
約1ヶ月の構想期間、練るに練った力作の1体。「里山観音」です。
すずめさんお賽銭をどうぞ。

投稿者 satoyama : 13:44 | コメント (0)

2005年07月15日

出穂一番乗り

13.JPG

里山で出穂一番乗りを見つけました。
これから花が咲いて8月のお盆がすぎた頃稲刈りだと思います。
里山米作り塾の稲も、株元から20センチくらいのところまで
穂の赤ん坊が上がってきています、と山下さん

投稿者 satoyama : 13:43 | コメント (0)

2005年07月14日

2005年07月14日

kusakari.jpg

畦草を放っておくと害虫の隠れ家になります。
田んぼ周りはいつもきれいにしておきます。

投稿者 satoyama : 16:07 | コメント (0)

追肥

hiryo2.jpg


梅雨の晴れ間に稲と相談をしながらの追肥

投稿者 satoyama : 15:59 | コメント (1)

ヒエの勝ち

hie.jpg


ヒエを放っておくとこんな事になります。
見事に実ったヒエは種を落とし来年は
田んぼ一面 ヒエー!!!

投稿者 satoyama : 15:54 | コメント (0)

実りを夢見て

jyosei.jpg


田んぼの稲の丈もこんなに伸びてきました。
早稲品種では、茎の中には小さな稲穂の赤ん坊が
できています。
この頃は、畦の草刈り、葉っぱの色を見ながらの追肥
そして、ヒエなど草抜きが主な作業です。
「アハハ!!。恥ずかしいわ。草が一杯で」でも、実りを
夢見る顔は明るい。


投稿者 satoyama : 13:14 | コメント (0)

伸びてます

15.JPG

森林ボランティアメンバーを核にできた
「里山ひまわり会」の畑。開花8月末を
予定しております。少し「湿害」も出ていますが
予想以上に生育状況は良好です。
秋のイベントが楽しみ、、。 みんな来てね。

投稿者 satoyama : 13:08 | コメント (1)

ひまわり

himawari.jpg


学校はもうすぐ夏休み、ひまわりも咲いて
いよいよ盛夏近し。

投稿者 satoyama : 13:01 | コメント (0)

2005年07月05日

田の草取り

fufu.jpg

田植えの日から1ヶ月。小さかった苗はすくすくと育っています。
よく見ると、隣の田んぼは草1本ありませんが、こちらの田んぼはたくさんの
草が芽を出しています。これは除草剤を使わなかったからです。除草剤って
きつい薬なんですネ。
そこで、昔ながらの「田の草取り」。1番草に2番草と数十年前はこんな風景が
当たり前でした。

投稿者 satoyama : 10:34 | コメント (0)

2005年07月01日

昼食はおにぎり

1.jpg


昼食は地元女性のお世話で珍しい「赤空豆」のおにぎりでした。
自分たちで摘んできた「そばの花」や「三ツ葉」の天ぷらに舌鼓。
「おいしいね」、「うん、(モグモグモグ)」

投稿者 satoyama : 17:57 | コメント (0)

草取りは大変

kusatori.jpg


草取りは大変です。

投稿者 satoyama : 17:42 | コメント (1)

昔ながらの草取り

2.jpg


除草剤を使わないため小さな草が一杯です。昔はみんなこんな姿で田んぼの中を這い回り増した。
きっと腰が痛かったでしょう。

投稿者 satoyama : 16:26 | コメント (0)